自転車事故で相手にケガをさせたときに役立つ「個人賠償責任保険」とは[ 2018.04.13 ]

自転車事故では自分がケガをするだけでなく、相手にケガをさせることもあります。ケガの程度が重かったり不幸にも死亡したりした場合には、高額の損害賠償が請求されることがあります。

賠償金は数千万円から1億円に及ぶこともあり、簡単に払える金額ではありません。自転車事故で相手にケガをさせてしまったときの賠償金は個人賠償責任保険や自転車保険などの損害保険でカバーする必要があります。

ここでは、自転車事故のリスクに対応した個人賠償責任保険や自転車保険の特徴をご紹介します。また、個人賠償責任保険が重複してしまわないためのチェックポイントについてもお伝えします。

【続きは保険見直しonlineで!】
https://hoken-minaoshi.online/hoken-kihon/2313

一覧に戻る