相続税対策にも!贈与税がかからない生命保険の入り方[ 2018.03.30 ]

税制改正により平成27年1月1日より、相続税の基礎控除額が、「5,000万円+1,000万円×法定相続人の数」から「3,000万円+600万円×法定相続人の数」に引き下げられ、相続税を支払う対象が増えています。法定相続人が3人なら、基礎控除額は4,800万円となりますが、都内に住居を構えているだけで超える可能性があります。相続税を支払わなければならないか気になるところでしょう。

一方、実際に課税対象となる人は全体の8%程度(平成28年分)です。節税するためには、相続税や贈与税の仕組みを理解しなければなりません。今回は、贈与税がかからない生命保険の入り方に焦点を当てて解説します。

【続きは保険見直しonlineで!】
https://hoken-minaoshi.online/unyou-zeikin/2296

一覧に戻る