『不妊治療』精神的なツラさ<前編>~経済的な負担の現実~[ 2017.10.08 ]

国立社会保障・人口問題研究所の「2015 年社会保障・人口問題基本調査 第15回出生動向基本調査」によると、夫婦で不妊を心配したことがある(または現在心配している)夫婦の割合は、35.0%にのぼり、実際に検査や治療を受けたことがある割合は全体の18.2%と、約5組に1組の夫婦が「不妊治療」を選択しています。

【続きは保険見直しonlineで!】
https://hoken-minaoshi.online/kekkon-kosodate/1714

一覧に戻る