【6月連載企画】 第1回「乳がん」の現実を受け入れる【前編】[ 2017.07.20 ]

女性なら誰でも「乳がん」にかかる可能性が常にあります。

「国立がん研究センター」によれば、乳がんは女性に多いがんの一つとされており、今なお増え続けています。生涯のうちに乳がんになる女性の割合は11人に1人と言われ、70人に1人が乳がんで死亡している現実もあります。

40代から50代でピークをむかえ、少ないですが20代でもかかる可能性もあります。女性にとって乳がんは、身近で常に注意が必要な病気なのです。

【続きは保険見直しonlineで!】
https://hoken-minaoshi.online/kega-byouki/1259

一覧に戻る