カードローンおすすめ人気ランキング30選【2023年12月保存版】低金利の人気商品を徹底比較

カードローンランキング

カードローンの中には「最短20分で借入可能」や「金利が低い」など、好条件な商品が数多く揃っています。

今すぐお金を借りる必要がある方、低金利で借りたいという方のために、人気のカードローンの中から特におすすめの30枚をピックアップしました。

人気のカードローンを実際に申し込んで比較してみた
人気のカードローンを実際に申し込んで比較してみた

本記事では、たくさんのカードローンの中から自分に最適な1枚を選ぶ方法、家族や会社等どなたにも確認が入ることなく利用する方法、カードローンの審査に通るコツなど、今日からのカードローンに役立つおすすめ情報をご紹介していきます。

ランキング根拠:2023年7月期ブランドのイメージ調査(おすすめしたいカードローンNo.1)
調査機関:日本マーケティングリサーチ機構
調査期間:2023年6月23日~2023年7月10日、n数:178/調査方法:Webアンケート
備考:本調査は個人のブランドに対するイメージを元にアンケートを実施し集計しております。本ブランドの利用有無は聴取しておりません。効果効能等や優位性を保証するものではございません。競合 2 位との差は 5%以上。ランキングの根拠となるNo.1表記の利用許可書(調査報告書)

カードローンは銀行や消費者金融などの金融機関でサービスが提供されており、それぞれの企業によって金利や限度額、信用度が異なります。

下記のグラフで「金利の高い・低い」と「R&I格付情報センターの格付けによる信用度」を比較して見やすく紹介しています。

カードローンには大きく分けて「銀行カードローン」と「消費者金融カードローン」の2つがあります。「銀行カードローン」は、金利が低めで外部格付も高く安心して利用できます。

「三菱UFJ銀行カードローン」「三井住友銀行カードローン」「みずほ銀行カードローン」の三大メガバンクカードローンの他、「楽天銀行スーパーローン」などのネット銀行カードローン、「横浜銀行カードローン」などの地方銀行カードローンも人気を集めています。

「銀行カードローン」に比較するとやや金利が高めで外部格付も若干低めの「消費者金融カードローン」ですが、知名度の高い大手消費者金融を中心に人気を集めています。

大手先の中では「プロミス」が他社に比較して上限金利が0.2%低めですのでおすすめです。

カードローンは各金融機関が魅力的なサービスを展開しています。そのためどこを利用すればいいのか悩みどころです。

まずは「即日融資のカードローンが必要か?」を素早く判断してみてください。

「どうしても即日融資のカードローン」が必要な場合には「消費者金融カードローン」が選択肢となります。「日数的に余裕がある」場合には比較的金利が低めな「銀行カードローン」から比較していきましょう。

その後、このフローチャートを参考にして無利息サービスの有無や金利面などの条件を比較・検討し、最適な一枚を選択するようにしましょう。

ページ概要

【2023年12月最新】カードローンおすすめ人気ランキング

スクロールできます
カードローンプロミスSMBCモビットアイフルレイクアコム三菱UFJ銀行カードローン三井住友銀行カードローン楽天銀行スーパーローン静岡銀行カードローン横浜銀行カードローン千葉銀行カードローンスルガ銀行カードローン東京スター銀行スターカードローンα住信SBIネット銀行カードローンORIX MONEYJCB CARD LOAN FAITHセブン銀行ローンサービス(カードローン)みずほ銀行カードローンオリックス銀行カードローンau PAY スマートローンオリックスクレジットVIPローンカードイオン銀行カードローンauじぶん銀行カードローンソニー銀行カードローンりそなプレミアムカードローンPayPay銀行カードローンみんなの銀行ローンベルーナノーティスセントラルdスマホローン
カード券面プロミスアイフルレイクALSAアコムバンクイック三井住友銀行カードローン楽天銀行カードローンJCB-CARD-LOAN-FAITHオリックス銀行カードローン
融資早さ最短20分最短30分※2最短20分※3Webで最短25分融資も可能※5最短30分最短翌営業日(審査回答は最短即日)最短当日※6最短翌日最短翌営業日以降最短即日明記無し明記無し明記無し翌営業日以降最短即日(審査回答は最短60分)最短3営業日最短翌日翌営業日以降明記無し最短即日最短即日審査完了後5日程度明記無し(審査回答は最短1時間)最短翌日以降最短翌営業日以降最短翌営業日以降(仮審査回答最短60分)最短数日最短即日最短即日最短即日
金利(実質年利)4.5%~17.8%3.0%~18.0%3.0%~18.0%4.5%~18.0%3.0%~18.0%1.8%~14.6%年1.5~14.5%年1.9%~年14.5%年1.5~14.5%年1.5%~14.6%年1.4%~14.8%年3.9~14.9%年1.5%~14.6%年1.89%~14.79%年1.5~17.8%4.4%~12.5%年12.00~15.00%年2.0~14.0%1.7%~14.8%年2.9%~18.0%年1.7%~17.8%年3.8%~13.8%年1.48%~17.5%年2.5%~13.8%年1.99%~13.5%年1.549%~18.0%年1.5%~14.5%年4.5%~18.0%年4.8%~18.0%年3.9%~17.9%
無利息期間はじめての方30日間はじめての方なら最大30日間はじめての方
・全額最大60日(WEB申込限定)
・5万円まで最大180日
はじめての方30日間はじめての方60日
(2023年11月30日までの期間限定)
はじめての方30日間最大2.5か月分のキャッシュバック
(期間限定キャンペーン)
はじめての方30日間14日間はじめての方30日間
借入限度額最大500万円最大800万円最大800万円※4最大500万円最大800万円10~500万円10万円~800万円10万円~最大800万円10万円~1,000万円10万円~1,000万円10万円~800万円5万円~800万円10万円~1,000万円10万円~1,000万円10万円~800万円500万円10万円~300万円10万円~800万円10~800万円1~100万円30~800万円10~800万円10~800万円10~800万円10~800万円1~1,000万円10~1,000万円1~300万円1~300万円1~300万円
対象年齢18歳以上74歳以下※120歳以上74歳以下20~69歳20〜70歳20歳以上満20〜65歳未満20〜69歳20〜62歳
※ 但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下
20~70歳20〜69歳20〜65歳20〜70歳20〜69歳20〜65歳20~69歳20〜58歳20~70歳20~66歳20〜69歳20〜70歳20〜69歳20〜65歳20〜70歳20〜65歳20〜66歳20〜70歳20〜69歳20〜80歳20歳以上20〜68歳
公式サイトプロミスSMBCモビットアイフルレイク三菱UFJ銀行カードローン楽天銀行スーパーローン

※1 お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。収入が年金のみの方はお申込いただけません。
※2申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※3 お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※4 ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です
※5 21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。
※6 申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

【1位】プロミス|人気の理由は利便性と審査スピード!

プロミス

プロミスカードローンのおすすめポイント

  • 来店不要で最短20分融資!
  • 初回借入の翌日から30日間利息0円!
金利(実質年利)4.5%~17.8%
無利息期間30日間(初回借入の翌日から)
限度額500万円
WEB完結
対象年齢18歳以上~74歳以下
※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。
※収入が年金のみの方はお申込いただけません。
審査スピード申し込み後、最短15秒で審査結果表示
※事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。
※新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。
融資スピード最短20分
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料○自社・三井住友銀行は無料
アプリ
プロミスの評価(合計28点)

プロミスカードローンは、最短20分のスピード審査で急ぎの借入に対応しています。

申込から借入までアプリで完結できる「アプリローン」が、100万ダウンロードを突破するなど、利便性の高さから若い世代にも大人気!

50万円以下の借入なら、本人確認書類のみで簡単に申し込むことができます。

メアド登録とWeb明細利用で付与される無利息サービスは初回借入の翌日からの適用ですので、無利息期間を無駄にしてしまう心配もありません。

プロミスではVポイントの申込500ポイントと合わせて、初めての契約でVポイント500ポイント(※)が付与されます。また期間限定で新規申込や増額時に高額のVポイントが当たる「Vポイントキャンペーン」も適宜実施されています。

(※)2022年2月21日以降にはじめてプロミスとご契約いただき、ご契約手続完了日から60日以内にVポイントの申込手続を完了されたお客さま

プロミスを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

自身が所有する車が突如故障をして、修理費としてどうしてもお金が必要でした、なかなかお金のくめんができなかったので借りる事が出来てとても助かりました

後悔したところは?

金利の高さでした、金利は知っていましたが当初あまり気にしておらず、いざ返済となった時に金利の高さに驚ました

【2位】SMBCモビット|Tポイントが貯まって返済に使える!

SMBCモビットのおすすめポイント

  • 事前審査は10秒で結果がわかる!
  • 返済しながらTポイントが貯まる!
  • 最短で即日融資に対応!
金利(実質年利)3.0%~18.0%
無利息期間なし
限度額800万円
WEB完結
対象年齢20歳以上74歳以下
審査スピード最短30分
融資スピード最短即日
収入証明書
ATM手数料無料
三井住友銀行は無料
アプリ
SMBCモビットの評価(合計28点)

SMBCモビットのカードローンは、WEB申込をしてからコールセンターに電話をすることで最速で借入可能。
三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行いずれかの口座をお持ちの方はWEB完結できます。

WEB完結で審査完了まで最短30分、スマホアプリ・WEBで24時間いつでも最短3分で口座に融資金が振込されます。郵送物無しでの契約も可能(※注)で家族に利用がばれるリスクも少なくなります。

無利息期間がないというデメリットがありますが、返済するごとにTポイントが貯まり、なおかつ返済に利用できるのがメリットです。Tポイントユーザーに特におすすめです。

(※注)以下のいずれかの手続きを行っていただくことで、郵送物なくご契約いただけます。

  • 「オンライン本人確認」を行っていただくこと
  • 返済方法を口座振替で登録いただくこと
  • 三井住友銀行内ローン契約機へ顔写真付きの本人確認書類を持参しお申込みいただくこと

※「オンライン本人確認」とは、ご自身のスマートフォンのカメラを使って指定の本人確認書類とお顔を撮影していただくことで、ご本人の確認を行う手続きです。
※口座振替については、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行のいずれかの ご本人様名義の口座をWEBで登録いただく必要があります
※カードの受取方法を郵送で希望された場合は、郵送物が発送されます。
※その他、審査内容によっては郵送物が発生する場合がございます。

SMBCモビットを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

すごい生活費がかかってしまい、コロナ禍もあり仕事が、思うようにもらえず、給料が足りず迷っていたが、モビットさんに頼んだら貸していただけたこと。

後悔したところは?

その時は、借りられて良かったが、結局地道に返していかないとならないので、大変な思いをするので、慎重に考えた方が良かった。

【3位】アイフル|在籍確認の電話なしで最短20分融資

アイフルカードローンのおすすめポイント

  • 融資スピードがどこよりも速い!
  • 在籍確認の電話なし!
  • 最大30日間利息0円!
金利(実質年利)3.0%~18.0%
無利息期間はじめての方なら最大30日間
限度額800万円※1
WEB完結
対象年齢20~69歳
審査スピード最短20分※2
融資スピード最短20分※3
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料
自社ATM無料
アプリ

※1 ご利用限度額50万円超、または他社を含めた借り入れ金額が100万円超の場合は源泉徴収票など収入を証明するものが必要です
※2 お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※3 お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。

アイフルの評価(合計28点)

アイフルは、家族等確認が入ることなく借りたい方に最もおすすめできるカードローンです。

アイフル公式サイトに「原則として、お申込の際に自宅・勤務先へのご連絡は行っておりません。」と明記されているので、プライバシーが気になる方も安心して利用できます。

「スマホでかんたん本人確認」もしくは「銀行口座で本人確認」で本人確認を完了すれば(※)郵送物は一切ありませんので、家族に利用がばれるリスクも非常に少なくなります。

※カードはあとから発行することも可能です。
※口座振替登録で選択された金融機関でお客様の取引時確認が完了していること、その記録が保存されている場合に限ります。

スマホにアプリを入れておけば、カード不要でATMが利用できるだけでなく、利用状況もひと目でわかります。利便性と審査の通りやすさで選ぶなら、アイフルがおすすめです。

アイフルを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

アイフルからお金を借りて良かったと思う点は、審査が早く、すぐにお金を借りることができたことです。急な出費で困っていたときに、すぐにお金を借りることができて助かりました 

後悔したところは?

急な出費で、すぐにお金を借りたいという気持ちから、金利が高いことを理解していたが、毎月の返済額を抑えるために、リボ払いを選択してしまったことです。

【4位】レイク|お借入れ額5万円まで180日間無利息

レイクのおすすめポイント

  • 無利息期間が最長180日!
  • WEBなら申し込み後、最短15秒で審査結果を表示!
  • 21時までに手続き完了でWebで最短25分融資も可能!
金利(実質年利)4.5%~18.0%
無利息期間30日~180日
限度額500万円
WEB完結
対象年齢20歳〜70歳
審査スピード申し込み後、最短15秒で結果表示
融資スピードWebで最短25分も可能(※)
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料
自社・SBI新生銀行カードローンATMは無料
アプリ

(※)21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

レイクの評価(合計28点)

レイクには、都合に合わせて選べる無利息サービスがあります。

  1. WEB申込限定で、借入全額60日間利息0円
  2. 借入額のうち5万円まで180日間利息0円

無利息期間を最長30日までとする消費者金融が多い中で、レイクはサービスが充実しています。無利息期間を活用して早めに返済すれば、利息負担をかなり軽減でき結果的に低金利になります。

アプリによるカードレス取引にも対応、セブン銀行のATMでスマホATM取引での借入が利用できます。

レイクのカードローンは少額の借入をしたい方に、メリットが大きい商品です。

レイクを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

初めて利用したときは、Web完結で最短25分で借り入れができ、契約の翌日から30日間無利息期間が適用されました。そのため、利息をほとんど払わずに返済することができました。

後悔したところは?

急な出費をカバーするために借りたお金でしたが、返済が苦しくなってきたため、追加で借り入れを繰り返してしまいました。その結果、借金が膨らんでしまい、返済がさらに苦しくなってしまいました

【5位】アコム|WEBで簡単3秒診断!最短即日融資

アコムカードローンのおすすめポイント

  • 最短30分で審査回答!
  • 24時間ネットで借入&返済OK!
  • 30日間金利0円サービス!
金利(実質年利)3.0%~18.0%
無利息期間30日間
限度額800万円
WEB完結※在籍確認が行われる場合がございます
対象年齢20歳以上
審査スピード最短30分
融資スピード最短即日
収入証明書50万円以下は不要
※お借入総額により収入証明書(源泉徴収票等)が必要
ATM手数料無料
自社ATM無料
アプリ
参考:アコム
アコムの評価(合計28点)

「はじめてのアコム」でおなじみのアコムは、借り方や手続きが分かりやすく、初心者に向いているカードローンです。

アコムは大手消費者金融の中でも審査通過率上位をキープしており、はじめての方も安心です。

セブン銀行ATMによるスマホATM取引にも対応、返済期日お知らせ機能も付与していますので、うっかり返済を忘れてしまう心配も少なくできます。

アコムのメリットは、24時間いつでも手持ちの口座に振込を受けられること。

たとえば楽天銀行の口座を持っている方なら、曜日に関わりなく最短1分で振込が実施されます。

アコムを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

家族にも会社にも迷惑かけずに利用できたことは良かったです。返済が終わるまで夫に知られることはありませんでした。

後悔したところは?

悪いことをしているような後ろめたい気持ちになりました。返済が終わるまでこの気持ちが消えなかったので辛かったです。

【6位】三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」は低金利&WEB完結

バンクイックのおすすめポイント

  • 提携コンビニATM・三菱UFJ銀行ATM手数料&振込手数料が無料!
  • 口座がなくても申込OK!
  • 銀行ならではの低金利!
金利(実質年利)1.8%~14.6%
限度額10~500万円
WEB完結〇(申込まで)
対象年齢満20〜65歳未満
融資スピード最短翌営業日(審査回答は最短即日)
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料
自行・提携ATM無料
アプリ
参考:三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
三菱UFJ銀行カードローンの評価(合計25点)

バンクイックは、パソコン・スマホ・アプリから24時間いつでも申込OK!

パートやアルバイトの方も安定した収入があれば申込可能です。

おすすめはアプリで申し込む方法。書類提出をアプリ内で完結できるだけでなく、利用可能額や次回返済日もひと目で分かるようになっています。

リニューアルされたバンクイックのアプリは、生体認証でログインできるなど利便性もUPしていますよ!

三菱UFJ銀行 バンクイックを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

三菱UFJ銀行の口座は元々開設していたので、手続きの簡単さや審査から借入までの迅速さなど、少しでも早く借入したかった自分にはとても助かりました。

後悔したところは?

銀行系のカードローンにしては予想していたよりも金利が高かったので、返済するにもプレッシャーになり失敗したかなと感じました。

【7位】三井住友銀行カードローン|消費者金融と比較して上限金利が低め

三井住友銀行

三井住友銀行カードローンのおすすめポイント

  • 審査回答と融資は最短当日
  • 全国提携コンビニATM手数料0円!
  • 最短10秒で申込可能か診断可能!
金利(実質年利)1.5%~14.5%
限度額10~800万円
WEB完結
対象年齢20歳〜69歳
融資スピード最短当日
収入証明書借入額が50万円を超える申込の場合必要
ATM手数料無料
三井住友銀行・提携コンビニATM無料
※普通預金口座と兼用カードの場合、ゆうちょATMは利用不可
※カードレスの場合、ATMはご利用いただけません
アプリ
参考:三井住友銀行カードローン

※申込完了後の確認事項や、本人確認書類の提出状況によっては異なる場合もございます。

三井住友銀行カードローンの評価(合計26点)

三井住友銀行カードローンの特徴は、消費者金融と比較して上限金利が低めなことと、普通預金のキャッシュカードで借入できることです。

すでに三井住友銀行の口座をお持ちの方は、審査結果が出たらすぐに借入できるのでメリットが大きいですね。

もちろん現時点で三井住友銀行の口座を持っていなくても申込OK。

カードレス取引が利用可能な他、契約時に発行されるローン専用カードを使って、コンビニやゆうちょATMなどで借入可能です。(※普通預金口座と兼用カードの場合ゆうちょATMは利用不可。カードレスの場合、ATMはご利用いただけません。)

カードレスは三井住友銀行の普通預金口座をお持ちでない方、またWEBよりお申込みのお客さまで、本人確認をオンラインで行った場合に限りが可能です。

三井住友銀行カードローンを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

大手の銀行のカードローンなので安心感を持って借りることができた。近くにATMがあったので便利だった。

後悔したところは?

ATM横の無人ブース?で手続きを行ったが、扉があり中の様子は外からは見えないもののカードローンの手続きをしているんだなと分かる人には分かるので他人の目が少し気になった。

【8位】楽天銀行スーパーローン|月々の返済は2,000円から金利年1.9%~年14.5%

楽天銀行スーパーローンのおすすめポイント

  • 月々の返済は2,000円から!
  • 金利年1.9%~年14.5%
  • 限度額は最大800万円!
金利(実質年利)年1.9%~14.5%
限度額10万円~最大800万円
(専業主婦の方は最大50万円)
WEB完結
対象年齢20歳〜62歳
※ 但し、パート・アルバイトの方、及び専業主婦の方は60歳以下
融資スピード最短翌日
収入証明書原則必須
ATM手数料無料
提携ATM無料先あり※
アプリ
参考:楽天銀行スーパーローン
楽天銀行スーパーローンの評価(合計22点)

※ローソン銀行・イーネットATM・セブン銀行・イオン銀行・三井住友銀行・みずほ銀行

楽天銀行スーパーローンは月々の返済額を2,000円という少額から設定できるので、無理なく返済を続けられます。

お金に余裕がある時には多めに返済する事も可能なので、使い方次第で利息負担をかなり軽減できます。

楽天銀行スーパーローンを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

楽天銀行の口座を持っていたので、時間帯関係なくいつでも借入する事ができ非常に使い勝手がいいですし、返済もお手軽でとても利便性が高いです。

後悔したところは?

返済が遅れてしまう時があり、その際に相談をしようとカスタマーサービスに電話をするとなかなか繋がらなかったので、不便だと感じました。

【9位】横浜銀行カードローン|アプリから利用可能 ATM手数料も無料

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンのおすすめポイント

  • 来店不要で24時間WEB申込可能
  • アプリで借入・返済ができる
  • 提携コンビニATMの利用手数料が無料
金利(実質年利)1.5%~14.6%
限度額10~1,000万円
WEB完結
対象年齢20歳〜69歳
融資スピード最短即日
※受付時間や審査の状況によっては審査結果のご連絡が翌日以降になる場合があります。
収入証明書借入希望金額が50万円を超える場合には必要
ATM手数料無料
自社ATM
コンビニATM(セブン銀行・ローソン銀行・イーネット・イオン銀行)
アプリ
参考:横浜銀行カードローン
横浜銀行カードローンの評価(合計23点)

横浜銀行カードローンは、来店不要で24時間WEBから申込できます。審査結果の回答は最短即日、ローンカードお届けの前に振込融資も利用できます。

横浜銀行の「スマホアプリ 「はまぎん365」」をダウンロードすれば、アプリから借入・返済・利用状況の確認が可能です。自社ATM、提携コンビニATMを手数料無料で利用できますので、費用負担の心配もありません。

ただ利用できる方は、以下の地域に居住、またはお勤めの方に限定されます。

・神奈川県内全地域
・東京都内全地域
・群馬県内の以下の市(前橋市、高崎市、桐生市)

横浜銀行 カードローンを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

比較的低い金利で借入する事ができ、毎月少額の返済でも元金が減りやすくて負担に感じなかったので、その点は非常に助かりました。

後悔したところは?

審査結果の通知は早かったですが、その後に実際に借入ができるまでは5日以上かかったので、直ぐに借入できなかったのは不便でした。

【10位】静岡銀行カードローンSELECA(セレカ)全国対応可能な地方銀行カードローン

静岡銀行カードローンSELECA

静岡銀行カードローンSELECAのおすすめポイント

  • 全国対応可能
  • WEB完結、口座を保有していなくても申込可能
  • 実質年利1.5%~14.5%の低金利
金利(実質年利)1.5%~14.5%
限度額10~1,000万円
(パートタイマー、アルバイト、派遣社員、
主婦(夫)等の方は、上限50万円)
WEB完結
対象年齢20歳〜70歳
融資スピード翌営業日以降
収入証明書明記無し
ATM手数料無料〇(セブン銀行ATMが月3回まで無料)
アプリ×
参考:静岡銀行カードローンSELECA
静岡銀行カードローンSELECAの評価(合計20点)

静岡銀行カードローンSELECA(セレカ)は低金利と高限度額を備えており、地方銀行ながら全国対応可能なカードローンです。

WEB完結申込で、静岡銀行の口座を保有していなくても申込できます。初回のみ他行の口座に振込融資も可能。インターネットバンキングでは24時間いつでも借入・返済が可能な他、セブン銀行ATMが月3回まで手数料無料で利用できます。

借入が10万円以下の場合、毎月の返済は2,000円からOKですので、無理のない返済計画を立てることができます。

2023年11月30日までに申し込みし、かつ2023年12月8日までに契約すると、契約日から60日間無利息で借入できるキャンペーンを実施していますので、今がチャンスです。

静岡銀行 カードローンSELECAを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

返済プランに複雑な点がなく説明もわかりやすかったので安心して利用し返済できたことと、金利が高くなかったことです。

後悔したところは?

サイトの体裁があまり見やすいものではなかったので申し込み手続きに幾分手間取り結果的に実際の融資まで結構時間がかかったことです。

【11位】スルガ銀行カードローン|普通預金口座なしでも全国対応可能な地方銀行カードローン

スルガ銀行カードローン

スルガ銀行カードローンのおすすめポイント

  • WEB完結で全国対応可能
  • 返済時の提携ATM利用手数料が無料
金利(実質年利)3.9%~14.9%
限度額5~800万円
WEB完結
対象年齢20歳〜70歳
審査スピード明記無し
融資スピード明記無し
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料△(返済時の提携ATM手数料が無料)
アプリ△(申込時の書類アップロード等)
参考:スルガ銀行カードローン
スルガ銀行カードローンの評価(合計19点)

スルガ銀行カードローンは、地方銀行のカードローンですが全国からWEB完結で手続き可能です。スルガ銀行の普通預金口座を保有していなくてもOK。

返済時の提携ATM利用手数料が無料の他、以下の条件を満たすとインターネットバンキングによるカードローンを出金口座とした振込融資が利用可能。他行宛にも振込手数料を無料で振込できますので、急な口座引き落としの残高不足時などでも安心です。

・スルガ銀行の普通預金口座をお持ちでインターネットバンキング契約がある。
・インターネットバンキングでカードローンを本人口座として登録している。

スルガ銀行 カードローンを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

一般的な相場と比較してみても金利がそれほど高いものではなく毎月の出費を圧迫することなく落ち着いて返済を続けられたことです。

後悔したところは?

申し込み手続きは簡単でしたが実際に融資を受けるまでの審査のスピードがあまり早くなく翌日に持ち越す結果になったことです。

【12位】スターカードローンα|東京スター銀行のカードローンは30日間利息0円!

スターカードローンαのおすすめポイント

  • 最大1,000万円まで借入可能!
  • 来店不要でWEB完結!
  • 自動融資サービスの付帯可能!
金利(実質年利)1.5%~14.6%
無利息期間30日間
限度額10~1,000万円
WEB完結
対象年齢20~69歳
審査スピード明記無し
融資スピード明記無し
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料×
アプリ×
参考:スターカードローンα
東京スター銀行スターカードローンαの評価(合計19点)

東京スター銀行が提供する「スターカードローンα」は、融資額の幅が広いため高額融資に対応しています。銀行カードローンでは珍しく30日間の無利息サービスが付与しています。

ただし、商品説明に審査スピードについての記載がなく、審査には時間がかかることが予想されるため、急ぎの方には向いていないかもしれません。

他のカードローンにない特徴としては、自動融資のサービスがあること。返済用預金口座が残高不足になった時に自動で融資を行い、公共料金等の滞納を防ぎます。

ちなみに、自動融資サービスなしの場合の商品名は「スターカードローンβ」となります。

東京スター銀行 スターカードローンαを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

東京スター銀行のスターカードローンαからお金を借り入れして良かった点は、「月々の返済額が低かった」ところです。借り入れが10万円以下なら月々2000円の返済で良かったのは、支出が多い自分の家計にはとても助かりました。

後悔したところは?

東京スター銀行のスターカードローンαからお金を借り入れして失敗した点は、「融資まで期間が長かった」ところです。自分の場合は、申し込みから融資まで2週間ほどかかりました。もう少し早く融資してもらえると助かるなと感じました。

【13位】住信SBIネット銀行カードローン

住信SBIネット銀行カードローンのおすすめポイント

  • • 金利が年1.89%~14.79%と低金利!
  • 利用限度額が最大1,000万円と高額!
  • 申込~返済までスマホですべて完結できる
金利(実質年利)1.89%~14.79%
限度額10~1,000万円
WEB完結
対象年齢20歳〜65歳
融資スピード翌営業日以降
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料
アプリ
参考:住信SBIネット銀行カードローン
住信SBIネット銀行カードローンの評価(合計21点)

住信SBIネット銀行が提供するカードローンは、融資限度額が最大1,000万円と高額融資が可能です。以前は「スタンダードコース」「プレミアムコース」に分かれていましたが、現在はコース分けが無くなっています。

実質年利1.89%~14.78%と低金利も魅力で、所定の条件を満たすと最大年0.6%の金利優遇を受けることもできます。カードローンの新規契約・借入により最大36,500円の現金がプレゼントされる点も大きな特徴です。

毎月の返済額は前月末の借入残高によって計算され、10万円程度の借入であれば毎月2,000円の少額返済も可能です。

また、利息以外の余計なコストがかかりにくい点もメリットです。

入会金・年会費はもちろん、WEBからでもATMからでも借入・返済手数料がかかりません。

住信SBIネット銀行 カードローンを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

金利の設定が一般的なものだったので、返済のために家計を圧迫することがなくそれまでと変わらない生活を続けられたことです。

後悔したところは?

申し込みから融資を受けるまでの総合的な時間が、思っていたよりも長くかかっていたため、お金を使いたいタイミングを調整しなければなりませんでした。

【14位】ORIX MONEY(オリックスマネー)|カードレスでスマホ完結

ORIX MONEY

ORIX MONEYのおすすめポイント

  • 最短60分で審査結果が分かる!
  • アプリ型(カードレス)では、カード発行なし・郵送物なし、家族ばれが心配な方に!
  • 会員限定で各種優待を受けられる!
金利(実質年利)1.5%~17.8%
限度額10~800万円
WEB完結
対象年齢20歳〜69歳
審査スピード最短即日(審査回答は最短60分)
収入証明書50万円以下は不要
郵送物なし
アプリ
参考:ORIX MONEY(オリックスマネー)
ORIX-MONEYの評価(合計25点)

ORIX MONEY(オリックスマネー)は最短60分のスピード審査で、契約後すぐにアプリを使って借入できるカードレスのカードローンです。

2023年5月15日からは「カード発行型」の取扱いも開始し、カードを利用したいというユーザーにも対応しています。

ORIX MONEY(オリックスマネー)には、これまでのカードローンと一味違ったサービスが付いています。

オリックスレンタカーやカーシェア・カーリースなどオリックスグループのサービスを優待価格で利用できるので、普段から利用がある方に特におすすめです。

ORIX MONEYを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

オリックスマネーは審査が土日でも対応しているので土日に借りたい時も安心して使えるのが良かった点です。

後悔したところは?

在籍確認の電話を必ずされてしまうので職場に電話をされたくない方や周りにバレたくないという方には不向きだと思います。

【15位】千葉銀行カードローン|来店不要WEB完結、月々の返済は2,000円から

千葉銀行カードローン

千葉銀行カードローンのおすすめポイント

  • 来店不要でWEB完結可能
  • ローンカード到着前でも振込融資可能
  • 月々の返済は2,000円~で返済計画が立てやすい
金利(実質年利)1.4%~14.8%
限度額10~800万円
WEB完結
対象年齢20歳〜65歳
融資スピード明記なし
収入証明書借入希望金額が50万円を超える場合には必要
ATM手数料無料×
アプリ×
参考:
千葉銀行カードローンの評価(合計18点)

千葉銀行カードローン(ちばぎんカードローン)は、来店不要でWEB完結可能。利用前には「10秒クイック診断」で借入可能かどうか確認してみましょう。

借入審査後、ローンカード到着前でも「カードローン入金サービス」により、契約と同時に返済口座に融資可能。月々の返済は2,000円~ですので返済計画も立てやすく、安心して利用できます。

千葉銀行に口座を保有していなくても申込は可能ですが、契約までに返済用口座の作成が必要になります。

また利用できる方は、お住まい、またはお勤め先の所在地が千葉銀行本支店の営業地域内(千葉県、東京都※、茨城県、埼玉県※、神奈川県※)にある方に限定されます。(インターネット支店をご利用の場合は、お住まいの所在地がインターネット支店の営業地域内にある方。)※一部地域を除く

千葉銀行カードローン(ちばぎんカードローン)を利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

返済は口座からの自動引き落としだったので忘れることは無かったですし、低金利で負担が少なかったので助かりました。

後悔したところは?

申込からの審査結果や問い合わせに対する返答など、とにかく全体的に対応には時間がかかったので、その点は不便だと感じました。

【16位】JCBのカードローン「FAITH」|最大2.5月分の利息をキャッシュバック!

JCBカードローン FAITHのおすすめポイント

  • WEB入会なら最短即日で審査結果が分かる!
  • キャッシング1回払いは年利5.00%!
金利(実質年利)4.4%~12.5%
限度額500万円
WEB完結
対象年齢20歳〜58歳
融資スピード最短3営業日(審査回答は最短即日)
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料〇(月3回まで無料)
アプリ
参考:JCBのカードローン「FAITH」
JCBカードローンFAITHの評価(合計20点)

JCBカードローン FAITHは低金利で利用できるカードローンです。

キャッシングリボ払いの他、キャッシング1回払いは年利5.00%で利用できます。

ただし、学生・パート・アルバイトの方は利用不可となっているため、申込条件をしっかり確認する必要があります。

審査スピードが早く、融資確定後は手持ちの口座に振り込んでもらうことができるためとても便利!安定した給与収入がある方は、利用を検討してみると良いでしょう。

JCBカードローン FAITHを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

平日の昼間であれば即時に借りられるので今お金が突然必要となった時にすぐに現金を借りることが出来る。またJCBなので安心感もある。

後悔したところは?

アプリがwebのサイト基準なのかもしれないが使いづらい。また支払った後限度額の更新に時間がかかるのでどのぐらいの限度額かわからない。

【17位】セブン銀行ローンサービス(カードローン)|最短翌日で借入可能!

セブン銀行ローンサービス(カードローン)のおすすめポイント

  • 借入まで最短翌日のスピード融資!
  • アプリで申し込みも口座開設も完結!
  • ATM手数料が無料!
金利(実質年利)12.0%~15.0%
(初回は15.0%)
限度額10万円~300万円
(初回は50万円迄)
WEB完結
対象年齢20歳〜70歳
融資スピード最短翌日
収入証明書不要
ATM手数料無料◎提携ATM無料
アプリ
参考:セブン銀行カードローン
セブン銀行ローンサービスの評価(合計22点)

セブン銀行ローンサービス(カードローン)は、はじめて利用する時は限度額が50万円までと決まっているので、借りすぎる心配がありません。

ローンサービスの申込には、セブン銀行の口座が必要です。まずは「Myセブン銀行」というアプリをダウンロードしましょう。

アプリを使って申し込んだ場合には、最短翌日で借入できるということなので、審査スピードも利便性も好条件といえます。

セブン銀行ローンサービス(カードローン)を利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

専用のアプリがあるので、自宅にカードが届くのを待たなくてもスピーディーに借入する事ができ助かりました。

後悔したところは?

思っていた以上に金利が高かったので、返済にあまり時間がかかってしまうと金利分が大きくなりプレッシャーに感じました。

【18位】みずほ銀行カードローン|普通預金のキャッシュカードで使える

みずほ銀行カードローンのおすすめポイント

  • 24時間WEB完結申込!
  • 返済は月々2,000円から!
金利(実質年利)2.0%~14.0%
限度額10~800万円
WEB完結
対象年齢20歳〜66歳
融資スピード翌営業日以降
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料
アプリ×
参考:みずほ銀行カードローン
みずほ銀行カードローンの評価(合計22点)

みずほマイレージクラブに入会されており、月末時点にカードローンのお借入残高がある場合、翌々月の以下ATMの時間外手数料・利用手数料が無料になります。
・みずほ銀行ATM0円
・イーネットATM月3回まで0円

みずほ銀行カードローンは24時間WEB申込が可能、来店・郵送不要で手続きできます。

みずほ銀行の口座を持っていない方は普通預金口座を開設する必要がありますが、WEB申込なら口座の同時申し込みが可能です。

みずほ銀行の普通預金口座のキャッシュカードをお持ちの方は、「キャッシュカード兼用型」を選択することで、カードローン口座を開設後、手持ちのキャッシュカードでそのまま利用することができます。

みずほ銀行 カードローンを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

親身になり返済の相談にも乗ってもらえましたし、返済を忘れていて遅れた月でも柔軟な対応をしてもらえたので助かりました。

後悔したところは?

申込をした時に結構細かな個人情報を聞かれたので、周りにバレてしまわないか不安になり後悔してしまいました。

【19位】オリックス銀行カードローン|来店不要&口座開設不要

オリックス銀行カードローンのおすすめポイント

  • ガン保証特約付きプランあり!
  • 提携ATM手数料終日0円!
  • WEB完結対応!
金利(実質年利)1.7%~14.8%
限度額10~800万円
WEB完結
対象年齢20歳〜69歳
融資スピード明記無し
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料◎提携ATM無料
アプリ
参考:オリックス銀行カードローン
オリックス銀行カードローンの評価(合計20点)

オリックス銀行カードローンは、銀行カードローンにしては金利が高いイメージがありますが、ガン保障特約「Bright」を金利上乗せ0で付けられるという他にないサービスがあります。

「Bright」では死亡・高度障害またはガンと診断確定された時の借入残高が保険金に充当されるため返済不要になります。万が一に備えたい方におすすめのカードローンです。(診断確定後の追加借入は通常の返済が必要です)

専用のアプリはありませんが、LINEで契約内容を確認することができます。

オリックス銀行カードローンを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

他社で複数融資があっても審査が通りました。借金により月々の生活支払いに不安があったので、融資をしてもらえて助かりました。

後悔したところは?

他社に比べて月々の支払いが高いことと、在籍確認の電話があったことです。また銀行ローンの中では金利が高いので完済まで時間がかかったことに後悔しています。

【20位】au PAY スマートローン|WEB完結&最短即日融資!

au PAY スマートローンのおすすめポイント

  • 審査最短30分!
  • 最短即日融資!
  • au PAY 残高に直接チャージでPontaポイントが貯まる!
金利(実質年利)2.9%~18.0%
限度額100万円
WEB完結
対象年齢20歳〜70歳
融資スピード最短即日
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料×
アプリ
参考:au PAY スマートローン
auPayスマートローンの評価(合計21点)

「au PAY」はQRコードでお支払いができるコード決済サービスのこと。

au PAY残高にダイレクトチャージして、お買い物すればPontaポイントが貯まっていきます。

もちろん口座振込による借り入れにも対応していて、スマホがauじゃない方も利用可能です。

au PAY スマートローンの新規申込&借入で、最大2,000 Pontaポイントがプレゼントされます!

au PAY スマートローンを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

良かった点としては審査は最短30分で完了でき、申し込みから借入までスマホで簡単に手続きができること。またau PAY残高に直接チャージが可能で24時間365日借入ができることです。

後悔したところは?

後悔した点としては銀行カードローンなどに比べて高めであり、最短30分で審査が終わらないことも多く、郵送物が発生するとすぐに利用できない場合があることです。

【21位】VIPローンカード|審査が最短60分!

VIPローンカードのおすすめポイント

  • 最高800万円でゆとりの融資!
  • 最短60分審査・最短即日で借りれる!
  • 会員限定の優待サービスあり
金利(実質年利)1.7%~17.8%
限度額30~800万円
WEB完結
対象年齢20歳〜69歳
融資スピード最短即日
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料×
アプリ
参考:VIPローンカード
オリックスクレジットVIPローンカードの評価(合計22点)

オリックス・クレジットのVIPローンカードは、まとまったお金が必要な時にスピーディーに借入できる商品です。

VIPという名前の通り、会員限定でリゾートホテルやレストランを優待価格で利用できます。

ただし審査は慎重に行われるため、すでに複数の借入がある方や、収入が安定しない方には向いていないでしょう。
希望借入額と、他社での利用残高の合計が100万円を超える場合は収入証明書が必要です。

オリックス・クレジット VIPローンカードを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

キャンペーンが行われていたので、利息分が3ヶ月キャッシュバックされたのは非常にお得感があり助かりました。

後悔したところは?

もちろん周りには分かりにくい配慮をされていましたが、申込をした後だけではなく毎月のように広告などの郵送物が届いたので、その点は失敗したかなと感じました。

【22位】イオン銀行カードローン|安心の低金利&WEB完結

イオン銀行カードローンのおすすめポイント

  • 「受取人確認サポート」でご家族の確認が心配な方に!
  • いつでも何度でもATM手数料0円!
  • 申込から契約までWEB完結!
金利(実質年利)3.8%~13.8%
限度額10~800万円
WEB完結
対象年齢20歳〜65歳
融資スピード審査完了後5日程度
収入証明書必要
ATM手数料無料
アプリ×
参考:イオン銀行カードローン
イオン銀行カードローンの評価(合計20点)

イオン銀行カードローンは、審査スピードはそれほど早くないものの、審査に通れば低金利で借入できます。

イオン銀行普通預金口座を持っていれば、ローンカードを受け取る前に振込融資を受けることも可能!

普段からイオン銀行を使っている方は、イオン銀行ATMの利用にも慣れているので、返済もスムーズに済ませることができるでしょう。

イオン銀行 カードローンを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

イオン銀行は、元々たまに利用していたためその流れでカードローンがある事を知り使ってみようと思ったのがきっかけ。

後悔したところは?

カードローンは、今ではメジャーになり抵抗感もなく利用している方が多いのですが、私の場合借金をしてしまった罪悪感が残りました。

【23位】auじぶん銀行カードローン|借り換え対応・スマホ完結

auじぶん銀行カードローンのおすすめポイント

  • リボ払いからの借り換えOK!
  • au IDをお持ちの方は金利優遇あり!
金利(実質年利)1.48%~17.5%
限度額10~800万円
WEB完結
対象年齢20歳〜70歳
融資スピード明記無し(審査結果は最短1時間)
収入証明書60万円以下は不要
ATM手数料無料◎提携ATM無料
アプリ×
参考:auじぶん銀行カードローン
auじぶん銀行カードローンの評価(合計19点)

auじぶん銀行カードローンは、安定継続した収入があればOKなので、自営業・パート・アルバイトでも申込可能です。au IDをお持ちの方には「カードローンau限定割」が適用され、最大年0.5%の金利優遇を受けることができます。

申込から契約までスマホで完結でき、利用明細書などの郵送もないのでプライバシー面でも安心して利用できます。

auじぶん銀行 カードローンを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

定期的にお得なキャンペーンをされていましたが、自分に適応するキャンペーンの場合は電話で案内してもらえたので、見落とす事が防げとても助かりました。

後悔したところは?

金利が消費者金融と変わらないくらい高かったので、自分としても予想外で借入をして失敗だったと感じました。

【24位】ソニー銀行カードローン|低金利が魅力のカードローン

ソニー銀行カードローンのおすすめポイント

  • 初回にかぎり、ローンカードが届く前に振込してもらえる
  • 上限金利が13.8%と銀行としても安い部類
金利(実質年利)2.5%~13.8%
限度額10~800万円
WEB完結
対象年齢20歳〜65歳未満
融資スピード最短翌日以降
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料〇(借入が月4回まで 返済は無制限)
アプリ×
参考:ソニー銀行カードローン
ソニー銀行カードローンの評価(合計20点)

ソニー銀行カードローンは、2.5~13.8%という低金利(年率)で借入できるカードローンです。

「初回振込サービス」を提供している点に特徴があり、ローンカードを受け取る前に振込での借入が可能です。

初回振込サービスを利用しないとローンカードを受け取って現金を借りるために約7~10日かかるところ、初回振込サービスならカードを待たずに借入することができます。

初回限定のサービスとはいえ、融資スピードをカバーできるので利便性が向上します。

また、提携先ATM手数料は借入が月4回まで無料、返済は無制限で無料という点も魅力的です。(優遇プログラム Club S プラチナが適用されると無制限で無料)

少額を何度も借りたい場合にネックになりがちな手数料が無料になるため、金利の安さもあって返済総額を安く抑えることが可能になります。

ソニー銀行 カードローンを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

とてもほしいものがありどうしても手に入れたかったのです。もう少しだけお金が足りなかったので借りることができてよかったです。

後悔したところは?

やはり後でのってきた手数料です。たった5万円だけだったのですがすごい金額に跳ね上がりました。失敗したなと思いました。

【25位】りそなプレミアムカードローン|アプリで契約まで完結・繰上返済もアプリで可能

りそな銀行カードローンのおすすめポイント

  • アプリを使った手続きなら最低限の入力だけで完了する
  • 繰上返済もアプリを使ってワンタッチで可能
金利(実質年利)1.99%~13.5%
限度額10~800万円
WEB完結
対象年齢20歳〜66歳未満
融資スピード最短翌営業日以降
収入証明書50万円以下は不要
ATM手数料無料
アプリ
参考:りそなプレミアムカードローン
りそなプレミアムカードローンの評価(合計22点)

りそな銀行カードローンは、アプリを活用することで効率的に申し込み・繰上返済が可能なカードローンです。

アプリでは氏名などの重要な情報が自動で連携されるため、必要最低限の情報のみで申し込むことができます。

毎月の返済額や返済状況の確認もアプリなら簡単にでき、りそな銀行の口座残高とセットで確認できて便利です。

アプリを通じて返済予定が通知されるため、「口座に入金を忘れていて返済できなかった……」というポカミスを防止することもできます。

住宅ローンとの同時利用で金利が年0.5%引き下げられる特典もあり、りそな銀行をメインで使っている方ならぜひ検討をおすすめします。

りそな銀行カードローンを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

審査が遅いと聞いていましたが、申込をした翌日には通知が届いたので思っていたよりも早かったですし、その後もスピーディーに借入ができたので助かりました。

後悔したところは?

毎月の最低返済額が比較的高かったですし、更には金利もあまり低くなかったので支払いが負担になってしまい後悔しました。

【26位】PayPay銀行カードローン|30日間無利息サービスがある銀行カードローン

PayPay銀行カードローン

PayPay銀行カードローンのおすすめポイント

  • 30日間の無利息サービスがある
  • 申込から借入までアプリで完結可能
  • 提携ATM利用手数料が無料
金利(実質年利)1.59%~18.0%
無利息期間30日間
限度額1~1,000万円
WEB完結
対象年齢20~70歳
審査スピード本審査は最短翌日(仮審査は最短60分)
融資スピード最短翌日以降
収入証明書必要な場合あり
ATM手数料無料
アプリ
参考:PayPay銀行カードローン
PayPay銀行カードローンの評価(合計21点)

PayPay銀行カードローンは、仮審査が最短60分で完了します。スマホを利用して申込から契約、借入、返済まで手続き可能です。本審査回答は最短翌日ですが、スピードに優れた銀行カードローンです。

銀行カードローンでは珍しく「初回借入日の翌日から30日間無利息サービス」が付与しています。またカードローン契約で1,500円のプレゼント特典の他、カードローンの借入で最大10,000円がプレゼントされるなど、サービス内容が充実しています。

PayPay銀行 カードローンを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

初回で30日間は無利息で借入ができたので、直ぐに返済をしようと思っていた自分には金利がかからなくて非常に助かりました。

後悔したところは?

審査スピードが思っていたよりも遅く、申込から借入ができたのは5日後だったので、早く借入がしたかった自分としては失敗したかなと感じました。

【27位】みんなの銀行ローン|ローンカードがないカードローン

みんなの銀行ローン

みんなの銀行ローンのおすすめポイント

  • アプリで申込から借入・返済まで完結
  • 電話連絡なし、郵送物なし
  • 入力項目は年収のみ
金利(実質年利)1.5%~14.5%
限度額10~1,000万円
WEB完結
対象年齢20~69歳
審査スピード一次審査は最短2分(※)、最終審査は数日
融資スピード最短数日
収入証明書利用金額50万円超の場合は必要
ATM手数料無料△(セブン銀行スマホATM)
プレミアムサービス加入で月10回まで
25歳以下(プレミアムサービス非加入)で月3回まで
アプリ
参考:みんなの銀行ローン
みんなの銀行ローンの評価(合計21点)

「みんなの銀行ローン」は「ローンカードがないカードローン」として、2022年にサービスが開始された新しいローンです。
申込での入力項目は「年収」のみ、最短2分(※)で借入条件(年金利、利用限度額)が提示されます。ただしその後の最終審査には数日を必要とします。 
アプリで申込から借入・返済まで完結。電話連絡や郵送物もなく、周囲に利用がばれるリスクも少なくなっています。

※申込状況等により、数日程度時間を要する場合があります。

みんなの銀行 ローンを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

専用アプリからの申し込みが非常に簡単でしたし、更には在籍確認や自宅に書類が届いたりもなかったので、とても安心できました。

後悔したところは?

無利息期間がないので、最初から金利がかかってしまうのは不便だと感じましたし、専用の口座を開設しなくてはいけないのも手間でした。

【28位】ベルーナノーティス|専業主婦でも利用可能

ベルーナノーティス

ベルーナノーティスのおすすめポイント

  • 何度でも14日間無利息サービスが利用できる
  • 専業主婦でも申込可能
  • 提携ATM利用手数料が無料
金利(実質年利)4.5%~18.0%
無利息期間14日間
限度額1~300万円
WEB完結
対象年齢20~80歳
審査スピード最短30分
融資スピード最短即日
収入証明書限度額50万円以下は不要
ATM手数料無料
アプリ×
参考:ベルーナノーティス
ベルーナノーティスの評価(合計20点)

プライム市場上場通信販売ベルーナグループの「ベルーナノーティス」は、最短30分で審査が完了、最短即日融資も可能です。

はじめてだけでなく、完済後でも何度でも14日間の無利息サービスを受けることができ(※)、活用次第では利息負担なしで何度でも利用できます。

「配偶者貸付」を適用することで「専業主婦」にも利用可能であることをあえて明記していることから、専業主婦を含む女性に優しいサービスであるといえるでしょう。

(※)完済後の再度のお借入が、前回の無利息適用のお借入日から3ヶ月経過している場合、無利息サービスが適用されます。

ベルーナノーティスを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

そんなに手続きがかからずにお金を借りることができたのはよかったです。必要になったのが急だったので、助かった。

後悔したところは?

金利などをよく調べずに、ベルーナノーティスで借りたので、もっといい待遇で借りることもできたのかなと思います。

【29位】セントラル|30日間無利息サービスがある中小消費者金融

セントラル

セントラルのおすすめポイント

  • 30日間無利息サービス
  • 自動契約機から申込可能
  • 最短即日融資可能
金利(実質年利)4.8%~18.0%
無利息期間30日間
限度額1~300万円
WEB完結
対象年齢20歳以上
審査スピード最短即日
融資スピード最短即日
収入証明書記載なし
ATM手数料無料△(自社ATMは無料)
アプリ×
参考:セントラル
セントラルの評価(合計20点)

愛媛県に本社がある「セントラル」はWEB申込で全国対応可能な中小消費者金融です。四国の他関東圏や、最近は大阪梅田にも店舗を出店しています。

はじめての利用者に対する30日間無利息サービスや、自動契約機が利用できる、最短即日融資可能など、サービス内容は大手消費者金融に匹敵します。

セントラルを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

web申し込みに対応しているので、24時間、365日好きなタイミングで申し込みすることができる点はよかったです。

後悔したところは?

最高でも300万円までの融資となっているので、他の消費者金融と比較して高額の借り入れができないことがデメリットです。

【30位】dスマホローン|ドコモユーザーでなくても利用可能

dスマホローン

dスマホローンのおすすめポイント

  • 自宅への郵送物なし
  • ドコモユーザーでなくても利用可能
  • ドコモサービス利用状況に応じた金利優遇
金利(実質年利)3.9%~17.9%
限度額1~300万円
WEB完結
対象年齢20~68歳
審査スピード最短即日
融資スピード最短即日
収入証明書利用金額50万円超の場合は必要
ATM手数料無料
アプリ
参考:dスマホローン
dスマホローンの評価(合計20点)

ドコモが提供する「dスマホローン」は、その名の通り申込から契約、借入まで完結できるローンサービスです。ローンカードの発行はなく、自宅への郵送物の発送もありません。

dアカウントがあれば、ドコモ回線を利用していない方でも申込可能です。ただドコモ回線やdカードの契約状況などに応じて、最大年3.0%の優遇金利が適用されますので、ドコモユーザーによりメリットの高いサービスとなっています。

dスマホローンを利用した人の口コミ
(独自に実施したアンケートより引用)

良かったと感じたところは?

ドコモスコアリングの点数が高ければ大体の方が審査に通過するぐらい審査は他の消費者金融よりも緩めなのが良かったです。

後悔したところは?

在籍確認の電話が必ずかかってくることが嫌だなと思いました。周りに在籍確認の電話でばれることもあるので要注意だと思います。

カードローンの金利とは?仕組みを徹底解説

金利と利息を計算する

カードローンを利用する際、最も気になるのは「金利」ではないでしょうか?カードローン金利の仕組みをしっかり理解することが、カードローンを上手に利用する最初の一歩です。

カードローンの金利とは?

「金利」とは借りたお金に対して支払う「利息」の割合のことです。パーセンテージ(%)で示され、いわばお金を借りる際のレンタル料金のようなものです。

カードローンの場合は「年利」が用いられており、例えば「金利(年利)5.0%の」場合は、1年間に借りた元金の5.0%の「利息」を支払う必要があります。

  • 利息…お金を借りたときに支払う対価のこと
  • 金利…借りたお金に対する「利息の割合」のこと

金利の計算方法

毎月の返済額や利息額はカードローンの公式サイトで一覧表が掲載されていますが、自分で計算することもできます。

計算方法を理解しておけば、納得して利用できるのではないでしょうか?

カードローンは日割りで利息が発生する仕組みであり、利息の計算方法は以下のとおりです。

利息=借入金額×実質年率(金利)×借入日数÷365日

たとえば金利18.0%で10万円を30日借りた場合の計算式は以下のとおりです。

10万円×18.0%×30日÷365日=1,479円

ただカードローンは基本的に毎月分割で返済をしていく商品です。一括返済であれば上記の計算で利息負担も計算できますが、毎月の返済を考慮した最終的な利息負担の計算は、金融に精通していないと難しいものです。

各商品で返済方式も異なりますので、カードローン利用前には、必ず公式ホームページの「返済シミュレーション」で利息負担を含めた返済負担を確認するようにしましょう。

金利の上限は法律で決められている

金銭契約における金利の上限は「利息制限法」により決められています。「利息制限法」では借入金額に応じて「年15.0%~20.0%」の上限金利が決められています。

借入金額上限金利(年利)
10万円未満20.0%
10万円~100万円未満18.0%
100万円以上15.0%

カードローンなどの金融商品を取り扱う貸金業者は、利息制限法に基づき借入金額(契約金額)に応じてこの上限金利で貸付けを行わなければいけません。

利息制限法の上限金利を超える金利は超過部分が無効・行政処分の対象となります。また、出資法の上限金利(20%)を超える金利は、刑事罰の対象になります。

引用先:日本貸金業協会:上限金利について

カードローン金利の特徴

①実質年利が用いられる

現在、ほとんどのカードローンでは「実質年利」が用いられます。「実質年利」とは、元金以外の利息の他、手数料や保証料などの諸費用を含めた年間の負担総額を年率で

示したものです。

例えば100万円を1年間借入した場合、1年後に利息10万円と手数料1万円、保証料1万円を支払うとすると……

(10万円+1万円+1万円)÷100万円×100=12.0%

ですので、実質年利は「12.0%」となります。

「実質年利」で示されているカードローンは、あらかじめ金融機関側の手数料や保証料といった部分が金利に組み込まれて計算されています。そのため、利用者側には基本的に利息以外の費用負担が発生しません。

逆に言えば「実質年利」ではなく単に「年利」と示されている場合、利息負担以外に、手数料などの名目で費用を請求される危険もありますので注意が必要です。

②上限金利と下限金利がある

一般的にカードローンの金利には、上限金利と下限金利が設定されています。

例えば「プロミス」の金利(実質年利)は「4.5%~17.8%」です。この場合「17.8%」が上限金利、「4.5%」が下限金利です。

カードローンの金利は利用者によって異なり、契約金利は審査により決定されます。上限金利の「17.8%」で契約しなければいけない方もおられる一方、下限金利の「4.5%」で契約できる方もおられるということです。

ただ多くのケース、特に初めてその金融機関のカードローンを利用するという方の場合は上限金利もしくは上限金利に近い契約となります。よほど条件が良くない限り、下限金利や下限金利に近い契約とはなりません。

初めての利用者は取引実績がなく、金融機関側にとっても信用度が未知数です。まずは上限金利を適用して、その後の利用状況に応じて問題ないと判断することで、段階的に利用限度額を引き上げしていくのに合わせて、契約金利も引き下げていくのが一般的です。

③金融機関で金利が異なる

ある意味、当然かもしれませんがカードローンの金利は金融機関各社で異なります。その中でも全体的には以下の傾向があります。

  • 消費者金融→金利が高い
  • 銀行カードローン→金利が低い

ただし、取扱金融機関によりかなりの差がありますので、利用前によく比較・検討することが大切です。

④契約金額が高いほど金利は低い

カードローンの金利は契約金額(借入限度額)によっても決められ、契約金額が高額になるほど金利が低くなります。契約金額と金利の段階を明記している金融機関も多くあります。例えば「アコム」の金利(実質年利)は「3.0%~18.0%」ですが、契約金額に応じて以下のようになっています。

契約金額(借入限度額)金利(実質年利)
1万円~99万円7.7%~18.0%
100万円~300万円7.7%~15.0%
301万円~500万円4.7%~7.7%
501万円~800万円3.0%~4.7%

特に、100万円以上の上限金利は利息制限法で「15.0%」以下に決められていますで、契約金額も100万円以上の場合、どの金融機関でも上限金利は「15.0%」以下となります。

ただし初めての利用時には100万円を超える契約金額となることは少なく、上限金利はその商品自体の上限金利の適用となるケースがほとんどです。(アコムの場合は「18.0%」)

利用を継続することで信用度が蓄積され、それに伴い契約金額の増額と適用金利の引き下げが行われるようになります。

カードローンを状況別で厳選

条件の良いカードローンがたくさんあると、その中から1枚を選ぶのって難しいですよね。

迷った時は、自分がいちばん重視するポイントを決めておくことで、自分にぴったりな一枚を選ぶことができます。

・当日中にお金を借りたい
・無利息期間を活用したい
・審査の通りやすさで選びたい
・低金利と利便性を追求したい
・女性でも安心して利用したい
・学生でも借入したい
・おまとめとして利用したい

それぞれの条件にマッチするカードローンを詳しく見ていきましょう。

当日中に借りるなら消費者金融カードローン

大手消費者金融5社のカードローン

カードローンを利用する目的は人それぞれですが、中には「1秒でも早くお金を借りたい!」とお悩みの方も多いのではないでしょうか?

すぐにでも借りたい場合、選択肢になるのは「消費者金融」です。

銀行カードローンは確かなブランドと安心感に加え上限金利も低いですが、まだ当日中の融資に対応している銀行は一部であり、多くありません。

2018年から銀行ではローンの申し込みを受けた際、警察庁の「暴力団情報データベース」にアクセスして情報を取得することが義務付けられています。
参考:一般社団法人全国銀行協会|反社会的勢力との関係遮断に向けた対応について

以前はデータベース確認作業のため即日融資ができませんでしたが、2023年10月現在は照会時間が短縮されて当日中に確認ができるようになりました。
この時間短縮に伴い即日融資が可能な銀行が徐々に出てきています。

一方、消費者金融は銀行ではないため、データベースへのアクセス義務がありません。
最短即日融資はもちろん、最短融資時間が圧倒的に短いため、急ぎであれば消費者金融を選択しましょう。

特におすすめは知名度の高い大手消費者金融です。

たとえばアイフルは最短20分、SMBCモビットは最短30分という驚異的なスピードで融資を行っています。(※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。)

また大手消費者金融では、ホームページ上から申込前に、年齢・年収・他社借入額・雇用形態などを入力するだけで数秒で借入診断を行うことができます。

銀行・信用金庫・ろうきんなど各種カードローンがある中で、申し込んだその日に融資を受けられるのは消費者金融カードローンと三井住友銀行や楽天銀行など一部の金融機関カードローンだけです。

カードローン事前審査融資スピード
SMBCモビット10秒簡易審査最短30分
プロミス最短15秒事前審査※1最短20分
アコム3秒最短即日
アイフル1秒最短20分※2
レイク申し込み後、最短15秒で結果表示Webで最短25分融資も可能※3
大手消費者金融の事前審査と融資スピード

※1 事前審査結果ご確認後、本審査が必要となります。新規契約のご融資上限は、本審査により決定となります。
※2 お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。
※3 21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除きます。

当日内の融資を受けやすくする3つのコツは

①営業時間内の早い時間帯に申し込む

即日融資を宣伝している消費者金融で最短スピードで借りるコツは、WEB申込で、営業時間内(審査回答時間内)に申し込むことです。

営業時間外に申し込むと、審査の回答と融資が翌日以降になってしまうので注意しましょう。

平日の早い時間帯に申し込むのが安心ですね。

申込にあたって記入する項目が多くありますが、記入漏れがないようにすることも大切です。

不明な点がある場合は電話で問い合わせて、確実に全項目を埋めてから申し込むようにしましょう。

②振込対応時間帯をチェックする

即日融資を希望するのであれば審査対応時間に合わせて「振込対応時間帯」もチェックしておきましょう。いくら審査が完了しても消費者金融側の振込ができなければ融資金を受け取ることができません。

融資金の振込については、大手消費者金融では概ね24時間対応しています。ただし、メンテナンスを実施している早朝から深夜にかけての時間帯は、サービスが停止するため振込手続きは行われません。また、アコムのように指定する金融機関によって振込実施時間が異なるケースもありますので注意が必要です。

合わせて曜日の違い、土日祝日での振込対応時間帯の違いもあらかじめ確認しておくようにしましょう。

消費者金融審査回答時間振込対応時間帯振込スピード
プロミス9:00~21:00月曜8:00~0:00原則最短10秒
火~金曜0:00~23:59
土曜8:00~23:30
日曜8:00~18:50
アコム
※楽天銀行に振り込む場合
9:00~21:00毎日0:10~23:49最短10秒
アイフル9:00~21:00月曜8:00~23:50最短10秒
火~土曜0:30~2:00  4:00~23:50
日曜6:00~19:00
レイク8:00~21:50月曜8:10~23:50最短即日
火曜~土曜0:15~23:50
日曜4:00~18:50
SMBCモビット9:00~21:00平日0:00~9:309:00以降または 受付完了 から最短で3分程度
平日:9:30~14:50受付完了から3分程度
平日:14:50~23:59
土日・祝日
翌営業日の9:30頃 または受付完了から 最短3分程度
大手消費者金融の審査回答時間・振込対応時間帯・振込スピード
③事前電話を入れる

消費者金融ではWEB申込の後に「急いでいる」旨の連絡を入れると、優先的に対応してもらえることがあります。

どうしても今日中にお金が必要な場合には、メールなどより直接電話連絡を入れて対応をお願いするようにしましょう。

申込の混み具合になどで対応は異なるでしょうが、急いでいる場面であるほどあらゆる布石を講じておくことも大切です。

無利息期間の活用で金利をゼロに

レイクならはじめてお借入額のうち5万円まで利息0円

消費者金融は銀行カードローンより確かに金利が高めの設定ですが、無利息期間を活用することで金利負担を軽減できます。

無利息期間とは、金利0円で借入できる期間のこと。

大手消費者金融では、はじめての利用者に対して主に「30日間無利息のサービス」を行っています。

「30日間無利息サービス」では、無利息期間開始から30日以内に全額返済すれば、利息負担が0円になります。

無利息期間内に全額を返済することは難しくても、なるべく多くの金額を返済しておくことで、その後の利息負担を軽減できます。

大手消費者金融の無利息サービスで特徴的なのが「プロミス」です。無利息期間の開始が他社は「契約日の翌日」からとなっているのに対し、「プロミス」では「初回借入の翌日から」となっています。仮に契約だけして借入を後日に利用したとしても無利息期間を減らすことなく有効活用できます。

また「レイク」では複数の無利息期間サービスがありますので、状況に応じて使い分けができるようになっています。

カードローン無利息期間
プロミスはじめての方なら最大30日間
アコムはじめての方なら最大30日間
アイフルはじめての方なら最大30日間
レイクはじめての方なら最大30日~180日※
SMBCモビットなし
大手消費者金融の無利息サービス

※・全額最大60日間(WEB申込限定)
 ・5万円まで最大180日間
 ・契約金額200万円超の場合、最大30日間
 いずれも併用不可

借入期間を短くすれば利息負担が軽減

返済計画を立てる時には、借入期間をできるだけ短く設定するようにしましょう。

借入期間が長ければ長いほど、利息総額が高くなるからです。

たとえば借入額10万円を、半年~2年かけて返済する場合の利息総額は以下のようになります。

借入期間月々返済額総返済額利息総額
6ヶ月17,542円105,252円5,252
12ヶ月9,158円109,896円9,896
18ヶ月6,371円114,678円14,678
24ヶ月4,982円119,568円19,568
※年率17.8%で計算

10万円を2年かけて返済すると、最終的に約2万円の利息が発生します。半年(6カ月)で返済した場合に比べて15,000円近くの利息負担増となります。決して小さくはない数字ですね。

月々の返済額が家計を圧迫しないように注意しつつ、なるべく短期間で完済することで利息負担を軽減できます。

審査通過率が高いのは消費者金融カードローン

大手消費者金融がテナントで入っているビル

審査の通りやすさで選ぶ場合も、消費者金融のカードローンがおすすめです。

後述する銀行・ろうきん・信用金庫のカードローンは低金利なのがメリットですが、即日融資を受けることができない点に合わせて、審査通過率が低いのがデメリット。

審査結果が分かるまで長い時間待ったのに、結局審査に落ちた……という事もあり得ます。

対して、消費者金融カードローンは、借りすぎなければ審査に通る可能性が最も高いカードローンです。

特に何らかのキャンペーンを実施している商品は融資に積極的であると考えられるので、キャンペーン中に申し込むのがおすすめです!

大手消費者金融では審査通過率を公表しています。データ上は多少のばらつきがあるものの、おおむね3割~4割程度は審査通過とされています。

銀行カードローンでは審査通過率は公表されていませんが、一般的には2割から3割程度だといわれています。

申込者の状況や取扱金融機関によってかなりの差はあるでしょうが、全体的には銀行カードローンに比べて消費者金融の審査は通りやすいと判断できるでしょう。

消費者金融審査通過率(成約率)
プロミス41.9%
アコム42.8%
レイク26.6%
アイフル37.8%
大手消費者金融の審査通過率(2023年6月)

プロミス 月次データアコム マンスリーレポートレイク(SBI新生銀行)決算関係資料アイフル 月次データ

低金利と安心を重視するなら銀行カードローン

三井住友銀行

銀行カードローンは審査スピードや審査の通りやすさでは消費者金融に劣りますが、消費者金融よりも低い上限金利で借入できるのが大きなメリットです。

低金利で借入できればそれだけ利息負担が少ないということなので、長期的な借入にも向いています。

銀行と消費者金融の一般的な金利を上限金利だけで比較してみると、以下のようになります。

上限金利

銀行12.5~14.6%
消費者金融17.8~18.0%

銀行の方が、年4~5%も金利が低いことが分かります。

取扱銀行によっては取引内容で金利優遇を受けることができる商品もありますのでさらにお得です。

ただし、銀行によっては消費者金融に近い金利で貸し付けを行っている所もあるので、事前に商品説明をよく読んでから申し込むことが大切です。

それでも消費者金融を利用するのは抵抗があるという方でも、普段メインバンクとして利用している銀行のカードローンなら安心感があります。

申込み条件が厳しいろうきんカードローン

ろうきん

ろうきんでは年利4~9%程度の低金利でカードローンを発行しています。

たとえば中央労働金庫「カードローン(マイプラン)」では、生協会員の組合員と同一生計家族に対して金利の引き下げを行っており、年4.055~7.255%で借入可能!

好条件なろうきんのカードローンですが、申込条件は一般のカードローンよりも厳しめになっています。

中央労働金庫 カードローン(マイプラン)の場合

・ろうきんに出資のある団体会員の構成員
・営業エリアに自宅または勤め先がある
・同一勤務先に1年以上勤務している
・安定継続した年収が150万円以上ある

参照:カードローン(マイプラン)|中央ろうきん(中央労働金庫)

また、低金利で借入できる分、銀行カードローンよりさらに慎重に審査が行われることになります。

審査スピードも1週間~2週間は見ておく必要があるため、急な出費には不向きではありますが、とにかく低金利でカードローンを利用したい方は利用を検討してみても良いかもしれません。

金利その他の条件面は各労働金庫で異なっていますので、申込の際には地元地域の労働金庫の商品条件を確認するようにしましょう。

普段利用があるなら信用金庫のカードローン

城北信用金庫

普段から信用金庫を利用している方には、信用金庫のカードローンという選択肢もあります。

各信用金庫で取り扱っているカードローンは、銀行カードローンと同じくらいの低金利で借入可能です。

ただし、信用金庫のカードローンは、WEBで申込や審査ができても、契約時には来店が必要になるケースが多いです。日常の生活範囲に店舗があるのであれば、来店するのもそれほど苦にはならないでしょう。すでに口座を開設済であれば、よりスムーズに手続きを進める事ができます。

信用金庫のカードローンには、いくつかの注意点があります。

・営業区域内に住んでいるか勤務していないと申込不可
・融資まで時間がかかる
・契約時に来店が必要
・口座開設が必要

信用金庫のカードローンは、すでに口座開設済で店舗が近くにあり、急ぎの融資ではないという場合には検討する価値があるでしょう。

女性向けのレディースカードローン7選

レディースローン

カードローンの中には、女性専用の商品が少なくありません。

「レディースキャッシング」「レディースロローン」などと呼ばれる商品です。本人に収入があればもちろん申込できますし、専業主婦の方でも少額なら借入できる場合があります。

初めてのカードローン利用が不安な女性の方にも、消費者金融が提供している「レディースローン」がおすすめです。

一般的なカードローンとサービス内容は変わりませんが、「電話応対で女性スタッフが対応してくれる」というメリットがあります。

お金の悩みを異性に相談することが恥ずかしい方でも、同性のスタッフになら安心して相談できるのではないでしょうか?

カードローンのデザインも女性向けの可愛いものが多く、他人に見られてもカードローンのカードであるとはバレにくくなっています。

スクロールできます
プロミスアイフルベルーナ
ノーティス
イオン銀行楽天銀行PayPay銀行横浜銀行
アイフル
商品名レディースキャッシングSuLaLi女性のためのレディースローン輝く女性サポートローンスーパーローンカードローンカードローン
金利4.5%~17.8%18.0%4.5%~18.0%3.8%~13.5%1.9%~14.5%1.59%~18.0%年1.5%~14.6%(変動金利)
専業主婦×××
審査最短20分最短20分最短30分1~2週間翌日以降最短60分最短即日
公式プロミスアイフル
※お申込の状況によってはご希望にそえない場合がございます。

専業主婦でも利用できるカードローンは?

専業主婦の方の中には、本人に収入がないことで審査が不安に感じる方も多いのではないでしょうか。

専業主婦が安心して申込できるカードローンは、「安定した収入のある配偶者」を申込条件としている商品でしょう。
貸金業法で認められている「配偶者貸付」によりサービスを提供している先で、一部の銀行カードローンや消費者金融で利用可能です。

代表例が「ベルーナノーティスのレディースローン」で、配偶者の年収の3分の1までの融資を受けることができます。

配偶者貸付とは、貸金業法に準えたお手続きによりご本人様と配偶者様の合算年収の3分の1までお借入れが認められるご契約です。ベルーナノーティスを含む貸金業者からのお借入れの場合、貸金業法の総量規制が適用されるため、お借入上限額はご本人様の年収の3分の1までとなります。

引用元:ベルーナノーティス|配偶者貸付とは

配偶者に秘密にすることはできませんが、専業主婦でも借りられる道があるというのは魅力的でしょう。

学生の方がカードローンを利用する際の注意点

申込時点で学生という方でもカードローンは利用可能です。ただしアルバイトなどによる安定した収入が必要で、年齢制限も確認しておく必要があります。

例えば、「プロミス」は対象年齢が18歳からとなっていますが、「現在仕事をしていること」が条件に含まれています。

金融機関学生が利用できるかについて
プロミス年齢18~74歳のご本人に安定した収入のある方。
主婦・学生でもアルバイト・パートなど安定した収入のある場合は
お申込いただけます。
※お申込時の年齢が18歳および19歳の場合は、収入証明書類のご提出が必須となります。
※高校生(定時制高校生および高等専門学校生も含む)はお申込いただけません。
※収入が年金のみの方はお申込いただけません。
アコム20歳以上(高校生を除く)の安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であればご契約いただけます。
アイフル満20歳から69歳までの方で、お仕事されている方でしたらどなたでもお申込みいただけます。
レイク満20歳以上70歳以下の方で安定した収入のある方 (パート・アルバイトで収入のある方も可)は、ご利用いただけます。
SMBCモビット20歳以上74歳以下の安定した定期収入のある方。
アルバイト、パートの方も利用可能です。
三菱UFJ銀行 バンクイック年齢が満20歳以上65歳未満の国内に居住する個人のお客さまで、
保証会社(アコム㈱)の保証を受けられるお客さま。
原則安定した収入があるお客さま。
外国人のお客さまは永住許可を受けている方が対象となります
みずほ銀行ご契約時の年齢が満 20 歳以上満 66 歳未満の方。
・安定かつ継続した収入の見込める方。

これまで「学生でも利用できます」と明記していた先でも、2022年4月に成人年齢が20歳から18歳に引き下げられて以降、学生に対する条件面を強調する先は少なくなっています。

対象年齢も18歳へ引き下げしている先は銀行・消費者金融とも大手先ではほとんどありません。

それでも学生、特に20歳以上でアルバイトなどの安定収入に問題がなければ、審査にも十分合格できるでしょう。

ただし、学生が本業のうちは収入が限られているため、お金借りるとしても少額に抑えるようにしましょう。

複数の借入はカードローンでおまとめできる?

現在、複数の借入を利用している方の中には、一つのカードローンでおまとめしたいと考える方もおられるはずです。「おまとめローン」の役割をカードローンに求めるわけです。

おまとめローン」とは、複数社からの借入を一本化するローンの事です。

1つの金融機関から融資を受けて他社のローンをすべて返済し、その後は融資を受けた金融機関に返済をしていきます。借入をまとめることで、「返済日の管理がしやすくなる」、「金利が下がる」などのメリットがあります。

カードローンは資金使途自由の商品で、実際におまとめとして利用可能と宣伝している金融機関も多くあります。カードローンで借りたお金で借入を一本化すれば精神的にも楽になるでしょう。

ただし、複数の借入を利用している状況でカードローンを申し込んだ場合、審査が厳しくなることが予想されます。そこで申し込んだ後で「おまとめとして利用します」と担当者に相談してみましょう。審査の際に考慮してくれるはずです。

当然、審査に合格して借入したお金を他に流用するのは厳禁です。借入総額が増えてしまうだけで、何らの問題解決になりませんので心しておきましょう。

複数の借入を抱えている状況では、カードローンではなく「おまとめローン」を選択することも考えるべきです。

そもそもおまとめ目的専用の「おまとめローン」であれば、金融機関側も状況を把握して対応を図ってくれます。「おまとめローン」は総量規制の影響を受けないことから、一般のカードローンよりも柔軟な審査対応が期待できます。

「おまとめローン」では借りたお金を他社の返済に充当することが義務つけられており、完済の確認資料を求められることもあります。また利用後の追加借入は基本的にできませんので、計画的に借入総額を減らすこともできます。

「カードローン」でおまとめするのか、「おまとめローン」を利用するのか。

「どうしても今日中におまとめしなければ」という緊急性はそれほどないでしょうから、

じっくりと商品を比較して検討しましょう。

カードローンの審査に通りやすくなるコツとは?

プロミスの自動契約機

カードローンの審査基準は?

カードローンは申し込めば誰でも利用できるわけではなく、所定の審査を通過する必要があります。

その前に、まずは「申し込み条件」を満たさないと審査を受けること自体ができません。

カードローンの申し込み条件

・年齢要件
・安定した収入があること

年齢要件としては、「成年であること」が求められます。

最低限18歳になっていないと申し込むことができません。
民法の改正で18歳が成人と定められたためで、17歳以下の人はそもそも申し込むことが不可能です。

そして、成人年齢引き下げにより年齢要件も引き下げした金融機関は大手先ではほとんどありません。多くの先がこれまで通り「20歳以上」を要件としています。

また、年齢要件を満たしていても無職やギャンブラーの人は申し込むことはできません。

正社員やアルバイト、パート、自営業など、何らかの仕事で毎月安定した収入を得ていることが申し込みには必要です。

上記の条件を満たした人が金融機関・貸金業者による審査を受け、通過できれば融資を受けることができます。

審査内容や審査通過の基準の詳細は公開されていませんが、主にチェックされるのは以下のような項目です。

属性年収・勤務先・勤続年数など、収入の安定性をチェックされる
他社借入情報他社で借りすぎていないか(消費者金融では全社合わせて『年収3分の1』が限度)
信用情報過去の金融商品の利用で延滞などの問題を起こしていないか
カードローンで審査される主な項目

各項目をもう少し詳しくみてみます。

属性

申込者の年収・勤務先・勤務形態・勤続年数などの属性から「収入の安定性」を判断します。

  • 年収:多いに越したことはありませんが、毎月の安定性がより重視されます。そのため毎月の収入が不安定になりやすい個人事業主やフリーランスは不利になります。
  • 勤務先:大企業や公務員は有利になります。
  • 勤務形態:安定性のある正社員は有利です。
  • 勤続年数:同じ先に長く勤めていることで有利となります。

収入が少ないパートやアルバイトは不利と思われがちですが、希望金額に応じた安定した収入が認められれば、十分審査基準を満たすことができます。

他社借入情報

他社での借入が多ければ、当然それだけ返済に悪影響を与えますので、審査では不利となります。特に消費者金融では総量規制の対象ですので、借入金額は他社借入を含めて年収の3分の1を超えることはできません。

他社借入情報では、借入金額だけでなく借入件数も大きなポイントになります。小さな借入を複数利用している状況は「高額融資が利用できないのではないか」と判断され、その分審査では不利となります。

信用情報

カードローン審査では必ず個人信用情報の確認が行われます。個人信用情報では上記の他社借入情報の他、過去の金融商品の利用状況も記録されています。

過去に返済遅延を発生させたり、自己破産や債務整理などの情報が確認されると、その分審査では不利となります。

特に銀行カードローンや大手消費者金融では、信用情報に問題があると、まず審査には合格できません。

現在のカードローン審査では、これらの審査項目をスコアリング化して審査の可否を判断しています。スコアリング審査では各項目が点数化されますので、できるだけ不利になるような要素を除くことが、カードローン申込では重要になります。

カードローン審査に通りやすくする3つのコツ

これらのカードローン審査基準を踏まえたうえで、カードローンの審査で好印象を残す3つのコツをご紹介します。

①収入や他の借入を正直に記載する

審査ではその方が信頼できる方かどうかが見られます。

ですから、申込をする時に収入を多めに書いたり、他の借入があるのに隠したりするのはNGです。

収入や勤続年数などの属性をすぐに変えることはできませんが、申込書に正直に記載することは誰にでもできますね!

②初めての借入希望額は少なめに

はじめて申し込む時からたくさん借入しようとすると、「かなりお金に困っている方」という印象を残してしまいます。

お金を貸す側の立場になって考えると、貸し倒れのリスクがある方に対してはお金を貸したいと思いませんね。自分の収入に対して、借入希望額が多くなりすぎないように注意が必要です。

はじめての借入は最小限に抑えるようにしましょう。

③毎月確実な返済で返済能力をアピールする

審査の際には、返済能力も重点的に見られます。

これまでクレジットカードや各種ローンを利用した事があるなら、これまでの支払いに延滞がないかどうかが重要なポイントになってきます。

これからカードローンを利用するなら、返済期日を守り毎月確実な返済を続けましょう。

そのようにして返済能力をアピールすることで、今後の増額審査や新たな借入に備えることができます。

カードローンの事前審査を試してみた

カードローンの公式サイトには「事前審査」ツールが準備されている先が多くあります。そこで大手消費者金融5社とメガバンク3行の事前審査ツールを利用して、ある条件下でどのような診断結果が出るのか試してみました。

前提条件

  • レイク:「ご職業」は会社員とします。
  • 三菱UFJ銀行バンクイック:「他社借入件数」は0件、もしくは1件とします。

条件①

  • 年齢:20歳 年収:200万円 他社借入:0円
金融機関事前審査診断結果
プロミス1秒パッとピッと診断お借入れできる可能性が高いです
SMBCモビットお借入れ診断ご融資可能と思われます
アイフル1秒診断ご融資可能と思われます
レイクお借入れ診断お借入れが検討可能です
アコム3秒診断お借入れできる可能性が高いです
三菱UFJ銀行バンクイック10秒借入診断バンクイックをお申込み可能と思われます
三井住友銀行お借入れ10秒診断お借入れ可能と考えられます
みずほ銀行かんたん10秒診断みずほ銀行カードローンを ご利用可能と考えられます

条件②

  • 年齢:20歳 年収:300万円 他社借入:100万円
金融機関事前審査診断結果
プロミス1秒パッとピッと診断お借入れ可能か判断できませんでした
SMBCモビットお借入れ診断ご入力いただいた情報で判断できませんでした
アイフル1秒診断ご入力いただいた情報だけでは
お借り入れ可否を判断できませんでした
レイクお借入れ診断当社規定によりお借入れができません
アコム3秒診断ご入力いただいた内容だけでは お借入可能か判断できませんでした。
三菱UFJ銀行バンクイック10秒借入診断バンクイックをお申込み可能と思われます
三井住友銀行お借入れ10秒診断お借入れ可能と考えられます
みずほ銀行かんたん10秒診断みずほ銀行カードローンを ご利用可能か判断できませんでした

条件③

  • 年齢:40歳 年収:600万円 他社借入:100万円
金融機関事前審査診断結果
プロミス1秒パッとピッと診断お借入れできる可能性が高いです
SMBCモビットお借入れ診断ご融資可能と思われます
アイフル1秒診断ご融資可能と思われます
レイクお借入れ診断お借入れが検討可能です
アコム3秒診断お借入れできる可能性が高いです
三菱UFJ銀行バンクイック10秒借入診断バンクイックをお申込み可能と思われます
三井住友銀行お借入れ10秒診断お借入れ可能と考えられます
みずほ銀行かんたん10秒診断みずほ銀行カードローンを ご利用可能と考えられます

条件④

  • 年齢:40歳 年収:600万円 他社借入:200万円
金融機関事前審査診断結果
プロミス1秒パッとピッと診断お借入れ可能か判断できませんでした
SMBCモビットお借入れ診断ご入力いただいた情報で判断できませんでした
アイフル1秒診断ご入力いただいた情報だけでは
お借り入れ可否を判断できませんでした
レイクお借入れ診断当社規定によりお借入れができません
アコム3秒診断ご入力いただいた内容だけでは お借入可能か判断できませんでした。
三菱UFJ銀行バンクイック10秒借入診断バンクイックをお申込み可能と思われます
三井住友銀行カードローンお借入れ10秒診断お借入れ可能と考えられます
みずほ銀行カードローンかんたん10秒診断みずほ銀行カードローンを ご利用可能か判断できませんでした

検証結果

・「レイク」を除き、融資が難しい条件でも「判断できませんでした」という文言を利用しています。正式申込を促す姿勢も見受けられますが、この結果の場合は審査通過の可能性は限りなく低いでしょう。

・総量規制をオーバーする場合(条件②、条件④)、大手消費者金融では「判断できませんでした」の結果となります。(「レイク」では「当社規定によりお借入れができません」となります。)このケースではやはり審査通過の可能性は非常に厳しいと判断できます。

一方、現在貸出額の自主規制を設けているメガバンクでは、判断は分かれています。みずほ銀行カードローンは「ご利用可能か判断できませんでした」となりますので、貸出額基準は厳しめでないかと推測されます。

以上、あくまで事前審査の結果ですので、最終審査に合格できるかどうかは、やはり正式審査を受けなくてはわかりません。それでもあらかじめ可否の目安を知ることはできるのは、

特に急いでいる場面では、どこで申込を行うべきかの大きな判断材料になるはずです。

大手消費者金融やメガバンク以外でも事前審査ツールが準備されている先がありますので、有効的に活用していくようにしましょう。

カードローンで在籍確認が心配な方におすすめの方法は?

家族バレ・会社バレを防ぐなら消費者金融カードローン

消費者金融 カードローン

カードローンの利用を家族や同僚に知られたくない方は、電話連絡や郵送物がないカードローンがおすすめです。

まず電話連絡ですが、カードローンの審査では申込者が勤務先に本当に在籍しているかを確かめる「在籍確認」を行います。「在籍確認」は基本的に会社への電話をかける方法で確認が行われます。

会社への電話は個人名でかかってくるうえ、電話に本人が出るか「〇〇は席を外しています」等の回答があれば在籍確認は完了しますが、周囲にカードローン利用がバレる可能性はゼロにはなりません。

そこでおすすめしたいのが「原則、職場に在籍確認の電話を行わない」カードローンです。

消費者金融など一部のカードローンでは「原則として」電話による在籍確認を行っていません。電話をかけるかわりに書類による在籍確認を実施しています。

原則、書類による在籍確認に対応しているカードローンの例

・プロミス
・アイフル
・レイク
・SMBCモビット(WEB完結申し込みの場合)
・アコム

これら大手消費者金融5社では、現在職場への電話連絡ではなく、原則、書類での在籍確認に対応しています。

電話による在籍確認を実施しない理由とは?

アイフル

電話による在籍確認を実施しない対応について、例えばアイフルの公式サイトには下記のように記載があります。

電話をせずとも「働いているかどうか」を確認する仕組みが整っているからです。

参照:カードローン審査の在籍確認なしは可能?職場へ電話する理由と確認の流れ (aiful.co.jp)

つまり電話をしなくても書類による在籍確認で問題ないと判断していることを示しています。プライバシー配慮の観点からもこのような対応をとる金融機関は今後も増えてくることが予想されます。

もちろん在籍確認自体が無くなるわけではありません。安定した収入があることを確認するためにも、在籍確認はカードローン審査の中でも重要なウエイトを占めており、審査の内容によっては職場への確認電話が行われることもあります。

それでも「原則的に」電話による在籍確認を実施していないカードローンを選べば職場に電話連絡が(原則)来ないため、周囲バレの可能性をグッと抑えることができます。

WEB完結対応なら郵送物が届かない

消費者金融からの郵送物

次に郵送物に対する対応です。

最近のカードローンは、ほとんどの先がWEBで申込から契約まで完結できる「WEB完結」に対応しています。

「WEB完結」に対応したカードローンなら自宅に契約書や利用明細が郵送されないため、家族バレを防ぐことができます。

また自動契約機に出向く必要がなく、人目を気にする必要もありません。

消費者金融郵送物なし
SMBCモビット
プロミス
アコム
アイフル
レイク
大手消費者金融のWEB完結での郵送物の有無

注意点
WEB完結できる商品の中にも、契約後にローンカードが郵送される商品があるため、郵送物の有無を事前に確認するようにしましょう。

家族に利用が知られにくい銀行カードローンはある?

カードローンの利用が家族に知られるとしたら、以下の原因が考えられます。

  • 郵送物が自宅に届く
  • 自動契約機の利用を目撃される
  • カードを持っているのが知られる

上記の3つの原因は、WEB完結&カードレスの銀行カードローンを選ぶことで回避できます。

特に家族にカードを持っているのが知られることに不安を感じる方は、ローンカードの発行なしでアプリ利用できるタイプのカードローンや、普通預金口座のキャッシュカードで借入できるタイプの銀行カードローンがベストです。

キャッシュカードで借入できる銀行カードローンには三井住友銀行みずほ銀行があります。
両方とも24時間WEB完結に対応しているため来店不要で、審査に通ったらキャッシュカードを使って銀行やコンビニATMからすぐに借入できます。
※三井住友銀行カードローンをキャッシュカードで借入する場合のWEB完結は、郵送物が発生します。口座なしのカードレス契約の場合は、郵送物がありません。

普通預金口座をお持ちならローン専用カードを持つ必要がないので、プライバシーが気になる方も安心です。

特に三井住友銀行カードローンは、本人確認書類を提出してから最短当日に審査結果の連絡を受けることができます。銀行カードローンの中では対応が早いのでスムーズに借入できる点もメリットです。

スマホのアプリをカードレスで活用する

大手消費者金融のスマホアプリ

アプリで完結できるカードローンは、カードレス対応なのがメリットです。

ローンカードを持たなくても、アプリを使って借入や返済ができるので、スマホひとつあればOK!

とても便利で今の時代にも合っていますね。

アプリの使いやすさは実際どうなのか、ストア評価を見てみましょう。

消費者金融評価(5段階)
appleストア
評価(5段階)
GooglePlay
アイフル4.64.6
アコム4.74.4
SMBCモビット2.83.5
プロミス4.74.5
レイク4.84.5
※2023年8月現在

評価とレビューともに満足度が高かったのは、アイフルのアプリでした。
操作が簡単なことと、動作不具合が少ないことから「使いやすい」という声が多かったです。

銀行カードローンの中では、三菱UFJ銀行「バンクイック」のアプリ評価が高かったです。

(appleストア 4.7  GooglePlay 4.2 2023年8月現在)

レビューを参考にしつつ、デザイン性や使い心地などは実際に試してみるのが良いですね!

カードローンの基礎知識

プロミスのカードローン

カードローンは銀行や消費者金融が提供している正規の金融サービスなのですが、「何となく怖い」と敬遠されている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

確かに、安易に利用することはおすすめできませんが、商品の中身を知ったうえで利用すれば非常に便利なサービスです。

ここからは、「カードローン」という商品の基本的な内容を紹介します。

そもそも「カードローン」とは?

「カードローン」の特徴を、初心者の方でも分かりやすく箇条書きにまとめてみました。

カードローンの特徴

・担保・保証人が基本的に不要
・借入限度額まで何度でも借りられる
・使用目的は(原則として)自由

カードローンは銀行や消費者金融が提供している、個人向けの融資サービスのことです。

今ではカードなしでも借入できる商品が多くなっていますが、以前は「ローンカード」を使ってATMから現金を借入していたことからそう呼ばれています。

一般的なカードローンは、基本的に担保や保証人が不要です。ただ銀行カードローンでは大手消費者金融や銀行グループの関連会社が保証会社を担っているのが一般的です。

またカードローンの中には契約額が1億円を超える大型カードローンや事業資金を目的としたビジネスカードローンも商品化されています。このような商品では担保や保証人を求めることもあります。

カードローンでは今すぐお金を借りる目的は基本的に自由であり、契約時に定められた「利用限度額」の範囲内であれば何度でも借入できます。

目的が自由なローンとしては他にも銀行の「フリーローン」がありますが、フリーローンは1度借入した後は返済するのみの商品です。

少額を何度も借りたい人にとっては、カードローンが適しています。

カードローンとフリーローンの違い

カードローンとフリーローンは、特徴が大きく異なる商品です。

カードローン
審査によって定められた融資額の範囲内で何度も借入できる

フリーローン
借入は1回のみで、追加で融資を受けたい時には再度申し込みが必要

カードローンはフリーローンより自由度が大きく、追加借入が可能です。

特に使い道が決まっているわけではないが、都合に合わせて利用したいという方にはカードローンが向いています。ただし自由度が高い分、フリーローンに比べて金利が高めに設定されています。

決まった金額だけを1度限り借り入れて、確実に返済したい方には、カードローンよりも金利が低いフリーローンが向いています。

カードローンとキャッシングの違い

カードローンと同じ意味合いを持つ言葉に「キャッシング」があります。「キャッシング」とは、本来「現金を借りるサービス」全般を指す言葉です。広義では「カードローン」も「キャッシング」のひとつなのですが、一般的には取り扱っている業者により以下のように区分されています。

カードローン
消費者金融や銀行が提供する個人向けの融資

キャッシング
クレジット会社などが提供するカード機能の一つ

カードローンが借入に特化した商品であるのに対し、キャッシングはクレジットに付帯した機能で、クレジットカードを利用してお金を借入できます。

ただ「カードローン」商品でも「キャッシング」という言葉を利用している金融業者もありますので、両者の違いをそれほど気にする必要はないでしょう。

「限度額の範囲内で繰り返し借入ができる」という点ではどちらも同じです。大切なのは

商品自体の特徴をよく理解することです。

カードローンの比較ポイント

カードローンの比較

冒頭でおすすめのカードローンを厳選して紹介しましたが、それでも20社以上も候補があります。

自身に合う1社を選ぶには、カードローンの比較ポイントを知っておくことが重要です。

ここでは数ある中から自身に合うカードローンを選ぶ方法を紹介します。

融資までのスピード

ひとくちにカードローンといっても、審査から融資までにかかる時間はそれぞれ異なります。

大まかに区分すると、「銀行は融資までの時間が長い」、「消費者金融は融資までの時間が短い」という違いがあります。

また、同じ「消費者金融」「銀行」という分類であっても、融資までにかかる最短時間はそれぞれ異なります。

銀行カードローンは「最短即日融資」が可能になりましたが、消費者金融のように数十分で融資には対応していません。

但し、即日融資であれば多少時間がかかっても他のメリット次第で利用したいと感じる方は多いでしょう。

「いつまでにお金が必要か」という状況をよく考えて、どこに申し込むかを決めるようにしましょう。

金利の低さ

融資を受ける側からみて、注目度が高いのが「金利」でしょう。

カードローンでは例えば「3.0~18.0%」という形で下限金利と上限金利が示されていますが、初回利用では多くの場合で上限金利が適用されます。

下限金利と上限金利の両方をチェックしておきたいところですが、特に「上限金利」には力を入れてチェックしておきたいところです。

なお、金利のみの比較でいえば「銀行カードローン」が有利です。

金融機関一般的な金利(実質年率)
銀行カードローン2.0~14.5%程度
消費者金融カードローン3.0~18.0%程度
銀行カードローンと消費者金融カードローンの一般的な金利比較

「金利が多少高くても最短即日融資を取る」

「数日~1週間は待てるから低金利なローンを希望する」

申込者の希望によって、利用すべきカードローンは変わってくるはずです。

利用限度額の大きさ

カードローンは、契約時に設定できる利用限度額まで自由に借入できる商品です。

利用限度額は年収や返済能力が加味されるので「上限額が大きい業者なら多く借りられる」というわけではありません。

とはいえ、将来的に高額融資を受ける可能性があるなら、融資限度額が高めの業者を選択することも検討しましょう。

業者ごとに利用限度額はバラバラですが、消費者金融と銀行では以下のように異なります。

金融機関一般的な利用限度額
銀行カードローン800~1,000万円程度
消費者金融カードローン500~800万円程度

一般的には消費者金融カードローンに比べると、銀行カードローンが高額融資可能な商品が多くなっています。限度額が高めのカードローンを希望する場合は、消費者金融カードローンよりも銀行カードローンを検討するようにしましょう。

申し込みのしやすさ

カードローンを選ぶ際は、「申し込みが簡単か」という点もチェックしましょう。

カードローンによって利用できる申し込み方法はバラバラですが、主に以下の方法があります。

【カードローンの主な申し込み方法】
・WEB(パソコン・スマホ)
・ローン契約機
・郵送
・電話
・店舗窓口

基本的には、自宅で手続きが完了する「WEB」での申し込みが便利です。

また「WEB完結」を選択できるのであれば、自宅にローンカードや契約書が届くこともありません。

自分に合っていて、かつ手続きが簡単なカードローンを選ぶと効率的に申し込みを終わらせることができるでしょう。

返済のしやすさ

カードローンを利用した場合、長期間に渡って少額ずつ返済していくことになります。

毎月のことですから、少しでも便利に返済できるカードローンを選ぶべきです。

【カードローンの主な返済方法】
・ATM
・口座振替
・インターネットバンキング
・振込

もしATMを利用するなら、ATM手数料がかからないカードローンがおすすめです。

多くの銀行カードローンでは自社ATMはもちろん、セブン-イレブンやローソンなどに設置されたATMを使っても手数料がかかりません。

一方、口座振替の場合は返済日をいくつかの候補から自由に選べるかどうかを確認しておきましょう。

自身の給料日のあとに返済日がくるように調整できるカードローンであれば、わざわざ返済日直前に入金する必要がありません。

カードローンを含む消費者ローンの分野は、新規参入業者も多く競争が激しくなっています。近年ではインターネット銀行などでこれまでとは異なる事業展開で顧客を獲得する動きも活発になっています。利用する側も利便性が高いサービスを受けることができるようになっていることから、自分にあったカードローンを選択するようにしましょう。

大手行が消費者ローン市場へ攻勢をかける一方、異業種から参入してきた銀行やインター ネット専業銀行も、消費者ローンへの取り組みを積極化している。これらの銀行は、独自のアプローチや既存の銀行とは異なる顧客層をターゲットとすることで、顧客の囲い込みや潜在的な資金需要者の掘り起しを図ろうとしている。消費者にとっては、消費者向けローンに新興の銀行が参入することによって、商品の選択肢や申し込みルートの多様化を通じて利便性が高まるメリットがある。

引用元:新局面を迎えた消費者金融市場

消費者金融カードローンと銀行カードローンの違い

消費者金融カードローンと銀行カードローンの違い

カードローンを取り扱う金融機関にはこれまで述べた通り、主に「消費者金融」と「銀行」の2つがあります。

消費者金融と銀行カードローンの違いは、金利・審査スピード・審査の厳しさです。

比較項目消費者金融銀行
金利高め低め
審査スピード最短即日ゆっくり
審査の厳しさ柔軟厳しい

消費者金融カードローンと銀行カードローンは、どちらも使い道自由で返済方法も同じです。

利息を支払いながら期日までに返済するという仕組みは同じですが、適用される金利や審査の通りやすさには違いがあります。

メリット・デメリットを比較

消費者金融カードローンと銀行カードローンには、それぞれメリットとデメリットがあります。

カードローンは一度利用したら長期的に利用を継続することもあるので、納得できる方を選ぶようにしましょう。

メリット
消費者金融
メリット
銀行
最短即日で借入できる低めの金利で借入できる
柔軟な審査を受けられる銀行という安心感がある
消費者金融カードローンと銀行カードローンのメリット

消費者金融カードローンのメリットは、審査スピードと審査の通りやすさです。

急な出費で困っている方や、審査に不安を残したくない方に向いています。

アプリのデザイン性や使いやすさも向上しているので、利便性を重視する方にもおすすめです。

銀行カードローンのメリットは、やはり消費者金融よりも低めな上限金利低で借入できる事です。

利息の支払いは少ないに越したことはないですよね。長期的な借入を希望する方は銀行カードローンがおすすめです。

デメリット
消費者金融
デメリット
銀行
金利が高い審査に時間がかかる
総量規制がある審査が厳しい
消費者金融カードローンと銀行カードローンのデメリット

マイナスイメージがあるデメリットですが、事前に把握しておけば、何らかの対策を取ることができます。

消費者金融は銀行カードローンに比べると金利が高いというのは周知の事実ですが、無利息期間を上手に活用したり、なるべく短期間で完済することで利息負担を軽減できます。

総量規制という法律により、年収の3分の1までしか借入できないことが気になっている方もいますが、「使いすぎを防ぐことができるので安心!」と考えることもできますね。

銀行カードローンはじっくり審査するため、融資実行までに1週間程度かかることもあります。

また消費者金融に比較すると、銀行カードローンは審査基準が厳しい傾向にあります。

融資までの時間に余裕があり、審査に自信をもって望める方は、低金利の銀行カードローンの利用を検討してみましょう。

銀行カードローンでも融資上限枠が適用

「銀行カードローンは総量規制対象外」とよく言われます。

確かに法律上はその通りです。しかし、銀行カードローンの過剰な貸付が問題となり、現在ではほとんどの銀行で融資上限枠を設ける自主規制が導入されています。

金融庁「銀行カードローンのフォローアップ調査結果について」によると、調査対象120行のうち114行(95%)が融資上限枠を設定しています。このうち8割強(97/114 行)の銀行が、自行・他行カードローン及び貸金業者貸付を勘案して年収の2分の1又は3分の1を上限としています。

「総量規制対象外」の銀行カードローンでも、同程度の規制がかけられている状況にあります。

参考:金融庁「銀行カードローンのフォローアップ調査結果について」

銀行カードローンが低金利な理由

銀行カードローンが金利を低く設定できる理由は、保証会社がついているからです。

現在、銀行カードローンのほとんどは大手消費者金融や自行グループの関連会社が保証会社を担っています。

保証会社の役割は、債務者が返済不能になった時に、代わりに返済すること。

つまり最終的な貸し倒れのリスクを負うのは、銀行ではなく保証会社ということになります。

銀行は保証会社に審査や運営を代行してもらうことでリスクヘッジを図っているため、低金利での融資が可能になっています。

消費者金融は貸し倒れのリスクを自社で負うため、金利が高めの設定になっているという事ですね。

同じ保証会社での審査落ち

銀行カードローンの保証会社について、注意しなければいけない点があります。それは「同じ保証会社での審査落ち」という点です。

同じ保証会社の銀行カードローンに申し込んだ場合、一つの先が不合格になると別の先も不合格になる可能性が高くなります。また銀行カードローンで不合格になると、そのカードローンの保証会社のカードローン審査でも不合格となる可能性が高くなります。

銀行カードローンは銀行ごとに審査基準が異なります。また銀行と保証会社の審査基準も異なります。しかし一度不合格となった同じ申込者を、別先で合格とする可能性は非常に低いと考えられます。

以下は今回ご紹介した銀行カードローンの保証会社の一覧です。

できるだけ同じ保証会社のカードローンの申込は避けるようにしましょう。

名称保証会社
三菱UFJ銀行「バンクイック」アコム株式会社
ソニー銀行カードローン
auじぶん銀行カードローン
セブン銀行ローンサービス
三井住友銀行カードローンSMBCコンシューマーファイナンス株式会社
住信SBIネット銀行カードローン
横浜銀行カードローン
楽天銀行スーパーローン楽天カード株式会社
SMBCファイナンスサービス株式会社
静岡銀行カードローン「SELECA(セレカ)」静銀カード株式会社
新生フィナンシャル株式会社
千葉銀行カードローンエム・ユー信用保証株式会社
オリックス銀行カードローンオリックス・クレジット株式会社
新生フィナンシャル株式会社
みずほ銀行カードローン株式会社オリエントコーポレーション
イオン銀行カードローンイオンフィナンシャルサービス株式会社
オリックス・クレジット株式会社
 東京スター銀行スターカードローンαアイフル株式会社
りそな銀行りそなプレミアムカードローンりそなカード株式会社
オリックス・クレジット株式会社
株式会社オリエントコーポレーション

カードローンQ&A

消費者金融に危険性はないの?

消費者金融は、賃金業法という法律に則って個人向けの融資を行っている業者のことです。

闇金と呼ばれる違法な業者と混同しがちですが、全く別物なので消費者金融でお金を借りること自体に危険はありません。

ただし、無計画に借りすぎると返済ができなくなるリスクがあるため、計画的な利用が必要です。

審査なしで借りれるところはある?

審査なしで借入できるカードローンはありません。

「審査なし」や「審査激甘」で貸し付けを行っている業者は、違法な高金利で貸付を行う闇金業者である可能性が高いので、絶対に利用しないようにしましょう。

銀行カードローン審査甘いってある?

SNSなどでは「ネット銀行の審査はゆるい」という声がありますが、誰でも審査に通れるような審査が甘い銀行カードローンはありません。

一般的に銀行カードローンの審査は、消費者金融カードローンよりも慎重に行われます。

カードローンの業界ランキングとは?

インターネット上によくみられる「カードローンランキング」には、明確な規定があるわけではありません。記事を提供している各サイトの運営会社が独自に調査を行い、金融機関側が公表している各項目を点数化してランキングを行っています。

比較項目としては、主に以下のようなものがあり、当サイトでもこれらの項目を比較して独自のランキングを決定しています。

・金利
・融資スピード
・利便性
・知名度
・ばれにくさ
・審査難易度

年収600万ならカードローンはいくらまで利用できる?

カードローンの借入限度額は各金融機関が審査により決定します。各社の審査基準は異なっており、また「年収」だけを審査判断の材料としているわけではありません。そのため「年収〇〇円ならカードローンはいくらまで利用できる?」という基準を導きだすことはできません。

ただ、その目安となるものとして「総量規制」があります。貸金業者は「総量規制」により「年収の3分の1以上」の貸付が制限されており、この基準を上回る借入は絶対にできません。

例えば「年収600万円」の場合、総量規制による借入金額は、その3分の1である「200万円」が上限となりますので、一つの目安とはなるでしょう。

銀行カードローンは総量規制の対象ではありません。しかし現在では各銀行とも独自の自主規制を設けており、総量規制と同程度の年収による貸付制限を行っています。そのため銀行カードローンにおいても、年収600万円の方が最高で利用できるカードローン金額は「200万円」が一つの目安とみることができます。

カードローンには何種類ありますか?

カードローンには発行する金融機関により大きく分けて以下の2種類があります。それぞれの特徴も簡単に説明します。

銀行カードローン
各銀行が提供するカードローン。全体的に審査基準が厳しくなっている反面、金利が低くなっている。借入限度額が高額な商品が多く、中には1,000万円を超えるものもある。「総量規制」の対象外であるが、現在は各銀行が自主規制を設けており、年収により借入可能金額が制限されている。

最近では「審査回答を最短即日」とする銀行も登場しているが、基本的には「最短即日融資」はほぼ不可能で、利用までの日数が必要になる先が多い。

メガバンクや地方銀行が提供する商品の他、「ネット銀行」の商品も人気が高い。

消費者金融カードローン
以前は「街金」と呼ばれていた「消費者金融」が提供するカードローン。銀行カードローンに比べると審査基準は緩やかとされており、審査に合格しやすい。その分適用金利は高めで、借入限度額も低めの設定となっている。

「最短即日融資」を宣伝している先が多く、融資までのスピードに優れる。「無利息サービス」が付与されている先もあり、使い方次第では利息負担なしの利用も可能。
「総量規制」の対象であり、借入金額は他社を含めて年収の3分の1を超えることはできない。

「銀行カードローン」「消費者金融カードローン」の他には、信販会社でもカードローンを商品化している先もあります。また信販会社が発行するクレジットカードには「キャッシング機能」を付与することができ、カードローンと同じように利用することができます。

レイク注釈
※Web以外の無人店舗やお電話で申込むと、お借入額全額30日間無利息またはお借入額5万円まで180日間無利息のどちらかになります。
※60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれ契約額1~200万円まで。
※30日間無利息、60日間無利息(Webでのお申込み限定)、180日間無利息それぞれの併用はできません。
※無利息開始日は初回契約日の翌日からとなります。
※無利息期間経過後は通常金利適用。
貸付条件
ご融資額 :1万円~500万円
貸付利率(実質年率): 4.5%~18.0%
※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
ご利用対象 :満20歳~70歳(国内居住の方、日本の永住権を取得されている方)
遅延損害金(年率): 20.0%
ご返済方式 :残高スライドリボルビング方式/元利定額リボルビング方式
ご返済期間・回数: 最長5年・最大60回
※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数はお借入れ及び返済計画に応じて変動します。
必要書類 :運転免許証等
※収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャルが必要とする場合)
担保・保証人: 不要
商号・名称:(新生フィナンシャル株式会社)
貸金業者の登録番号:(関東財務局長(10) 第01024号) 日本貸金業協会会員第000003号

【PR】当ページのリンクには広告が含まれています。

FP監修者

保険業界での10年以上にわたる豊富な経験を持ち、ファイナンシャルプランナー1級の資格をはじめ、多くの資格を取得。
営業部で保険プランニングの経験を積み、コンプライアンス管理部では、保険業法に関連するコンプライアンスの遵守体制を構築。責任者として保険プランニングに関する人材育成にも従事。
お客様への案内ではコンプライアンスを満たすだけでなく、お客様に寄り添った対応をすること第一に心掛けています。

ページ概要